SNSで最新情報をチェック

ご飯のお供を語る上で欠かせないのが「ふりかけ」。種類が豊富すぎるゆえ、今回はご当地の特色を活かしたものを調査。また、地方のふりかけを中心に、気になるふりかけも食べてみました。

画像ギャラリー

ししゃもふりかけ

『丸中舛岡水産』@北海道

購入場所:日本百貨店しょくひんかん(秋葉原)

45g・864円

北海道産シシャモの風味がダイレクトに届く

独自製法で干し上げた、北海道産の本シシャモをまるごと味わえる。
ひと口含むとまず広がるのはカツオ節の旨み。次第に鼻腔を駆け抜けるのが、シシャモの香ばしさとほんのり感じられるほろ苦さ。味付けゴマのプチプチ感や海苔の香りも豊かで、次々に押し寄せる風味がご飯の甘みを引き立てる
やさしい味付けなのでたっぷりかけるべし。

[電話]0145-42-2178

ひとつふりかけ

『丸平かつおぶし』@宮城県

購入場所:日本百貨店しょくひんかん(秋葉原)

50g・410円

ゴマの香り高さ 味噌の芳醇さを噛み締めて旨し

1903(明治36)年に創業した「丸平かつおぶし」の削り節と、
1902年創業の「東松島長寿味噌」伝統の高砂長寿味噌をゴマに合わせたふりかけ。
カツオ節の旨みと味噌のふくよかさ、ゴマの香りが広がり、ずっと噛んでいたいほど。
シンプルながら深みがあり、ご飯がいくらでも進んでしまう魅惑の美味しさ。さっと茹でた野菜の和え物などにも。

[電話]0225-22-6355

次のページ
磯の風味とシソが香るヘルシーお供...
1 2 3 4

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

絶対満足できる ご褒美うなぎ ほの甘いタレの香ばしい匂いに誘われて、今年もうなぎ特集がやってきました...