MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
東京駅ランチ おすすめ14選 発表!(八重洲/丸の内/東京駅構内)

東京駅ランチ おすすめ14選 発表!(八重洲/丸の内/東京駅構内)

東京駅のランチにおすすめしたいお店情報をご案内します!どれもグルメライターが実食したお店ばかり!「一人で気軽に入れる」「おしゃれ」「子連れ」「個室の有無」等の情報もあるので、ご利用シーンに合わせて活用してください。

はじめに

毎日たくさんの人が行き交う「東京駅」は、構内にも周辺エリア(八重洲・丸の内)にも、たくさんの魅力的なランチスポットがあります。そこでグルメライターが実際に食べ歩いて見つけたおすすめのお店をまとめました。
グルメランキングで上位になる人気店もあり!目印となる商業施設名や、おすすめのシチュエーションも記載しています。

八重洲エリア

『もつ焼き 栄司』(もつ鍋/八重洲北口)

コスパ最強!カリッとした表面だけどとても柔らかい「トンテキ定食」は大人気!特製甘辛タレとマッチしてやみつきになります!!

▲とんテキ定食(ご飯、お新香、スープ付き)980円

どこか懐かしさを感じる店構えは、都会に居ながらほっと癒しを与えてくれる。

『もつ焼き 栄司』
[場所]グラングルメ1F Kitchen Street(改札外・JR東京駅八重洲北口) [電話番号]03-5220-3003 [営業時間]11時~23時(22時半L.O)、土曜日・日曜日・祝日11時~23時(22時L.O)※ランチは14時L.O [休日]1月1日

『めっせ熊 東京店』(鉄板焼き/京葉地下八重洲口)

一人でも気軽に入りやすい雰囲気も魅力♪香ばし~いソースの匂いが、たまらなく食欲をそそります!

▲(昼)お好み焼き定食 780円(お好み焼きは豚玉)

人気の「お好み焼き定食」は、開店から17時まで注文することが可能で、ご飯と味噌汁は何杯でもおかわりできるのも嬉しい♪

『めっせ熊 東京店』
[場所]パシフィックセンチュリープレイス丸の内地下1階(改札外・JR東京駅京葉地下八重洲口改札徒歩2分)[電話番号]03-3201-9056 [営業時間]11時~23時(フード22時、ドリンク22時半L.O)、土曜日・日曜日・祝日11時~21時(フード20時、ドリンク20時半L.O)[休日]不定休

丸の内エリア

『まんてん鮨』(鮨/丸の内南口)

なんといっても”安い!"まんてん鮨の名物、数量限定「バラちらし」は、食べるのが惜しくなるほど美しいんです!
この日のネタは、本マグロのさく漬け、甘い水タコなど。シャリには穴子のツメと赤酢が混ざっているのも憎い!

▲バラちらし(しじみ汁、季節の果物付き)1,080円

夜は数ヶ月先まで予約が埋まっているほどの人気店。開店直後が狙い目です。

『まんてん鮨』
[場所]丸の内ブリックスクエア地下1階(改札外・JR東京駅丸の内南口徒歩5分) [電話番号]03-6269-9100 [営業時間]11時~15時(14時L.O、材料がなくなり次第閉店)、17時~23時(21時半L.O) [休日]無休(施設に準ずる)

『鮨一輝 東京丸の内店』(寿司/丸の内南口)

一流江戸前鮨店がランチ限定で提供する「ばらちらし」。毎朝豊洲で厳選して仕入れられる最高の食材を使っていて、高コスパ間違いなし!

▲上ばらちらし 1,728円、ばらちらし 1,080円

細かな「さいの目状」に刻まれたネタたちが、甘さを抑えたシャリ1粒1粒としっかり絡み合い、心地良く口の中に広がりますよ。

『鮨一輝 東京丸の内店』
[場所]東京ビルTOKIA地下1階(改札外・JR東京駅丸の内南口徒歩1分) [電話番号]03-5219-8460 [営業時間]11時~15時(14時L.O)、17時~23時(22時15分L.O)、日曜日・祝日17時~22時(21時15分L.O) [休日]無休(施設に準ずる)

『アマルフィイ・モデルナ』(イタリアン/丸の内北口)

おしゃれな人がこぞって訪れるお店!鎌倉・七里ヶ浜に本店を構え、三崎漁港のマグロや三浦産の野菜など「湘南の味」をお洒落な盛り付けで味わえる。

▲スペシャルランチ(前菜盛り合わせ、パスタ、メイン、パン、デザート、コーヒー) 2,770円

▲パスタランチ(前菜、パスタ、デザート、コーヒー) 1,340円 ※土日祝 1,540円

お手軽なパスタランチを楽しむもよし、前菜盛り合わせ、パスタ、メイン、デザートと食べ応え満点のスペシャルランチを楽しむもよし。
何度でも通いたくなるお店です。

『アマルフィイ・モデルナ』
[場所]丸の内オアゾ5F(改札外・JR東京駅丸の内北口地下通路徒歩1分) [電話番号]03-5223-8331 [営業時間]11時~15時(14時半L.O)、17時~22時L.O(日曜日・祝日21時L.O) [休日]不定休(施設に準ずる)

『京おばんざい 豆まる』(和食/丸の内南口)

美味しいものを少しずつたくさん食べたい!を叶えてくれる夢のようなお店。9つの枡に美しく並べられた料理は、おばんざい、刺身、天ぷらなど。

▲はんなり御膳(ご飯・赤出汁おかわり無料) 2,500円

休日であれば、ぜひ京都の日本酒などと合わせて味わい、癒しの時間を過ごすのもおすすめです!

『京おばんざい 豆まる』
[場所]丸の内ブリックスクエア3階(改札外・JR東京駅丸の内南口徒歩5分) [電話番号]03-5218-0003 [営業時間]11時半~14時半、17時~23時(日曜日・祝日は11時~14時半、17時~22時) [休日]無休(施設に準ずる)

『Ristorante HiRo CENTRO』(パスタ/丸の内南口)

眺め抜群!35階からの絶景を楽しみながら、超一流シェフの味をお手軽価格で堪能!
平日限定「Pranzo A」は、旬の肉・魚・素材などを使った3種類のパスタから選べます。

▲Pranzo A(平日限定) 1,620円

デザートを含め、全てにおいて最高級のサービスを提供してもらえますよ♪

『Ristorante HiRo CENTRO』
[場所]丸ビル35階(改札外・JR東京駅丸の内南口徒歩1分) [電話番号]03-5221-8331 [営業時間]11時~15時半(14時L.O)、18時~23時(21時L.O) [休日]無休(施設に準ずる)

『BISTRO DOUBLE』(ビストロ/丸の内北口)

まるでパリの街角のような、アットホームなビストロ。洒落た赤いテラスがより一層気分を盛り立てています!

▲休日ランチコース(2皿)(オードブル、メイン、パン、カフェ) 2,430円

土日祝限定ランチコースは、前菜もメインも数種類から選ぶことができるので、何回訪れても選ぶ楽しみがありますよ。

『BISTRO DOUBLE』
[場所]iiyo!!(イーヨ!!)1階(改札外・JR東京駅丸の内北口徒歩4分) [電話番号]03-6269-9730 [営業時間]11時~14時半、17時~23時半(土曜日・日曜日・祝日14時半~16時半カフェタイム)[休日]不定休(施設に準ずる)

『イゾラ スメラルダ』(パスタ・ピザ/丸の内南口)

ミミまで旨いモチモチのナポリピッツァが自慢の本格イタリアン。巨大な石窯で作る絶品ピッツアを含んだランチセットがおすすめ!

▲Aセット(ピッツァかパスタ、前菜、サラダ) 1,350円

窓際の席からは東京駅を一望できるのも、人気の理由です!

『イゾラ スメラルダ』
[場所]丸ビル5階(改札外・JR東京駅丸の内南口徒歩1分) [電話番号]03-5288-6228 [営業時間]11時~15時半、17時半~23時、土曜日・日曜日・祝日11時~16時半、17時~22時半 [休日]不定休(施設に準ずる)

『宮崎料理 万作』(郷土料理/丸の内南口)

【子連れ可能/個室あり】
本場の宮崎料理を堪能!「贅沢万作御膳セット」は霧島鶏の炭火焼をとろっとろの玉子丼とともに味わえます!

▲贅沢万作御膳セット(サラダ、味噌汁、漬物付き) 2,160円

一時ブームを巻き起こした、甘酢ダレとタルタルソースが絶妙な「チキン南蛮御膳」も劣らぬ人気。

▲霧島鶏のチキン南蛮御膳(ごはん、味噌汁、サラダ、小鉢、漬物付き) 1,280円

宮崎の焼酎を飲むことができる夜にも、訪れたくなるお店です。

『宮崎料理 万作』
[場所]KITTE丸の内5階(改札外・JR東京駅丸の内南口徒歩約1分) [電話番号]03-6256-0872 [営業時間]11時~15時、17時~23時(土曜日11時~15時半、18時半~23時、日曜日・祝日11時~15時半、18時半~22時) [休日]無休(施設に準ずる)

『KOREAN 水刺間』(韓国料理/丸の内中央口)

【子連れ可能/個室あり】
おすすめは何と言っても「特撰チゲ定食」!口に含んだ瞬間、アサリのエキスと牛骨ダシがじわ~っと広がり、辛味よりも旨みに感動します!

▲特撰チゲ定食 1,300円

名物の黒毛和牛プルコギも定番のナムルも激ウマ!必食です!!

『KOREAN 水刺間』
[場所]新丸ビル5階(改札外・JR東京駅丸の内中央口徒歩1分) [電話番号]03-6551-2685 [営業時間]11時~14時半L.O(土15時L.O)、17時~22時L.O(日曜日・祝日21時L.O)[休日]不定休(施設に準ずる)

『茅乃舎 汁や 東京駅店』(和食/丸の内地下中央口)

【子連れ可能/個室なし】
人気のダシ販売店『茅乃舎』の調味料を使ったお椀を、十穀米とともに味わうことができます。

▲九州の豚汁セット 1,280円

常にダシの良い香りが漂っている。丸餅が入った数量限定「博多雑煮セット」もイチオシですよ♪

▲博多雑煮セット 1,580円

『茅乃舎 汁や 東京駅店』
[場所]グランスタ丸の内地下1階(改札外・JR東京駅丸の内地下中央口すぐ) [電話番号]03-6551-2322 [営業時間]11時~22時(21時半L.O) [休日]無休

『山陰海鮮 炉端かば 丸の内店』(居酒屋 /丸の内北口)

【個室あり】
なんと!丸の内で刺身定食が1,200円!境港から直送される新鮮な魚がとにかく豪華に盛り付けられている。

▲刺身定食(ご飯、味噌汁、小鉢、コーヒー付き) 1,200円

開店と同時にたくさんのサラリーマンがたくさん訪れる、超人気店です!行列覚悟で訪れましょう!

『山陰海鮮 炉端かば 丸の内店』
[場所]iiyo!!(イーヨ!!)地下1階(改札外・JR東京駅丸の内北口徒歩4分) [電話番号]03-5222-6000 [営業時間]11時~15時(14時半L.O)、17時~23時(22時半L.O)[休日]日曜日

『四川豆花飯荘 東京店』(中華料理/丸の内南口)

【平日のみ、小学生以下のお子様連れ不可/個室あり】
シンガポールが本店の四川料理店。辛さがビシビシと伝わってくる麻婆豆腐定食ほか、点心やデザートも付いたコースもおすすめ!

▲豆花飲茶セット(本日の蒸し点心三種、焼き点心と揚げ点心、本日の逸品、特製豆花スープ、ピータン入り鶏粥、デザート) 2,376円

▲麻婆豆腐セット(ライス、スープ、デザート付き) 1,620円

茶藝職人のお茶を注ぐパフォーマンスも楽しむことができますよ♪

『四川豆花飯荘 東京店』
[場所]丸ビル6階(改札外・JR東京駅丸の内南口徒歩1分) [電話番号]03-3211-4000 [営業時間]11時~15時(14時半L.O)、月曜日~土曜日17時~23時(L.O22時)、日曜日・祝日17時~22時(L.O21時) [休日]不定休(施設に準ずる)

おわりに

知れば知るほど、東京駅は奥が深い!ジャンルも個性も様々で魅力がいっぱいの東京駅、周辺施設を含め、是非お気に入りのランチが見つかりますように!

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
人気グルメ情報誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で発見したランチ情報のまとめ記事です!みなとみらいエリアや横浜駅周辺は取り上げられることが多いですが、ここでは市内全域を隈無く駆けずり回って、真におすすめのお店のみを厳選しました!
吉祥寺エリアで絶対に外せないお昼ごはんとは?!人気グルメ情報誌「おとなの週末」の編集スタッフが食べ歩いて見つけた、安いお店はもちろん、ひとりで気軽に入りやすい所、子連れOKの所など、ぜひ行ってほしいおすすめのお店を厳選してまとめました。
おしゃれで色んなジャンルの飲食店が集まっている神楽坂エリアの「お得ランチ」を一挙ご紹介!おとなの週末のグルメライターが実食調査した結果、夜は敷居が高いけれど、お昼になら入りやすい和食店、高級な肉、イタリアンなどがたくさん見つかりました!
食通が集まるグルメ激戦区、浅草エリア!テレビや雑誌など数々のメディアでも紹介された有名店から隠れ家的なお店まで、グルメライターが新旧の名店を食べ歩いて見つけた、国内外の観光客誰しもに、自信をもっておすすめしたいランチ情報を一挙ご紹介!
おしゃれな街「恵比寿」のランチ情報をまとめました。すべて人気グルメ雑誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査をして発見した、自信をもっておすすめできるお店ばかり!おしゃれなお店からひとりでも気軽に入りやすいお店まで、一挙ご紹介します!
 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。
東京で緊急事態宣言がなされて以降、飲食店は多大なるダメージを受けている。 そんな飲食店を応援すべく立ち上がったのが「さきめしSupported by SUNTORY」。 飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録した飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクトだ。その考えに、おとなの週末編集部も賛同。実際に利用することで応援してみた。
安くて、旨くて、ボリューム満点の三拍子揃った愛知県の、喫茶店のモーニング。その発祥の地とされる尾張地方西部の街、一宮市にある人気店『カフェ メールネージュ』は、テイクアウトモーニングに力を入れている。そして、新型コロナウィルスの広がりを防止する動きのなかで、その需要はより高くなった……。
店を切り盛りするのは那覇出身の女将さん。ホワイトボードに書かれたメニューもあるけれど、旬の食材を使ったその日の「おまかせ」ですべてを委ねるのが吉。
甘じょっぱいタレに浸かったエビの天ぷらは、ご飯と海苔との相性がバツグン。ご飯とおかずがひと口サイズで一度につまめるため、数あるお弁当の中でもとにかく食べやすい。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt