SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

長年、グルメライターを生業としていると、店構えを見ただけで旨い店か否かがわかる。うまく説明できないが、旨い店は独特のオーラを放っているのである。

少し前、某テレビ番組で店は汚いけど料理は美味しいという店がクローズアップされたことがあった。それはごく稀なケースであり、旨い店は店内も厨房もピカピカというのが定説である。

「ジャケ買い」的な店選びも楽しい

さて、先日、撮影の仕事で三重県四日市市へ行った。仕事は午前中に終わり、どこかで昼食を摂ろうと思い、車を走らせていた。出張先での食事は、食べログやGoogleなどで探すこともあるが、このときは店構えを見たときのフィーリングで決めようと思っていた。

『パンダ食堂』外観。この店構えを見て「旨い店」であることを直感した
『パンダ食堂』外観。この店構えを見て「旨い店」であることを直感した

四日市市と鈴鹿市の境界あたりで目に飛び込んできたのが、ここ『パンダ食堂』である。もう、この店名と店構えから伝わる美味しいオーラに吸い込まれるかのごとく車を駐車場に止めた。

店へ入ると、予想通り、店内の隅々まで掃除が行き届いていた。カウンター席に案内され、そこから厨房の様子をチェックすると、やはりピカピカに輝いていた。うん、これは期待できるぞ。

ただ、この日はチャーラーではなく、「エビフライ定食(大)」(1380円)を注文してしまった。いや、どうしても食べたくなってしまったのだ。名古屋人のDNAがエビフライを求めていたのだとしか言いようがない(笑)

気になったのは、(大)。メニューには(小)や(中)の表記はない。これはエビが大きいことを意味するのだろうか。そんなことを考えていたら、料理が目の前に運ばれた。皿の上には2本の大ぶりな海老フライが鎮座している。付け合わせはナポリタンとポテトサラダ、千切りキャベツ、レタス。タルタルソースは別添えだった。

「エビフライ(大)定食」(1380円)。名古屋人にはたまらない
「エビフライ(大)定食」(1380円)。名古屋人にはたまらない

エビフライに一家言ある名古屋人を代表してこのエビフライ定食に意見を述べさせていただくと、「完璧」のひと言に尽きる。実際に食べてみると、サクサクの衣に閉じ込められたエビのプリッとした食感やほのかな甘みを存分に堪能することができた。

次のページ
チャーラーを求めて、『パンダ食堂』へ再訪...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

永谷正樹
永谷正樹

永谷正樹

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…