SNSで最新情報をチェック

2022年がスタートして、スムーズに動き出せた人、何か違和感や停滞感がある人、それぞれの1ヶ月を過ごしたはず。そして3月。卒業・進学・就職など別れや出会いなどもあり世の中も新たに動き出す。一白水星が司る3月は、一歩一歩しっかり歩けるよう自分の「足元をつくる」ことがポイントに!

画像ギャラリー
開運メシ
開運メシ

「気」を知り「運」の流れに乗る! 今月の開運めし指南

まず知っておきたい! 2022年3月の全体運

花の蕾が膨らみ、動物たちが冬眠から覚めるように、
私たち人間も2022年を本格的に歩き出す3月。
それにはまず「足元をつくる」ことがカギに!
一白水星が教えてくれる「足元」というのは、
私たちの人生のベースになること……たとえば
人間関係や家族、健康管理、仕事のやり方など。
日頃、「ま、いっか」とか「これくらいなら」と
何の気なしにやり過ごしていることに目を向けよう!
そして、気づいたことがあったら、
その小さな綻びが大きな穴になる前にきちんと取り組むこと。
その一歩が今年後半の大きなステップにつながるはず!

2022年3月の開運メシ

「根菜類」で足元を固め、新たな一歩を踏み出そう!

世の中的には年度末で、「一旦締めくくる」というイメージがある3月。そんな3月を司るのは一白水星。一白水星は九星のスタートを担う星であると同時に、私たち人間が生きていく上で基盤としているもの——「健康」「家族」「人間関係」「仕事」「お金」——を象意として持っている。

3月はそんな自分たちの基盤を見直し、足元をしっかりと固めることが求められる

そんな一白水星の気のパワーをくれるのが、土の中ですくすくと成長する「大根」「レンコン」「ごぼう」「ニンジン」などの根菜類。大地の恵みをたっぷりと含んだ栄養満点の根菜類を食することで、しっかりと踏み締める「足元をつくる」エネルギーを取り込もう。

また、春という季節は気持ちもリフレッシュするとき。「すべての始まり」という意味もある一白金星が司る世の中の「氣」に、自分の「氣」をしっかりと合わせ、力強く新たな一歩を踏み出していこう!

次のページ
3月に食べるべき、オススメの開運メシをチ...
1 2 3

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...