SNSで最新情報をチェック

まだまだ寒さは厳しいけれど、暦の上では「立春」を迎え気持ちも改まる。そんな2月を動かすのは二黒土星の気。もともと「影」「セカンド」という質をもつ星が教えてくれるのは、「見えないところの役割」の大切さ。今月はそれぞれに何か見えない影の役が回ってきそう。心して取り組むには……あの食べ物がオススメ!

画像ギャラリー

まず知っておきたい! 2022年2月の全体運

「受け入れる」「従う」「セカンド」「影」といった
受け身的なキーワードが多い二黒土星。
2月、世の中に流れる二黒土星の気に乗ると、
「なぜ私がこんなことをしなければいけないのか?」というような
何か不可解に感じる経験をする人がいるはず!
それは縁の下の力持ち的な仕事かもしれないし、
取るに足らないことかもしれない。
でも、今月はむしろ「見えないところの役割」こそ大切!
どんなことであっても嫌がらず、
「よろこんで!」と笑顔で引き受けよう!
また独断専行せず、周囲と話し合って進めることがポイント!

2022年の開運メシ

あなたにしかできないこと!あなただからできること!
「具だくさん」料理で気づく自分の役割!

光があれば影があり、表があれば裏があるように、世の中の物事にはすべて「陰陽」があるというのが九星気学の考え方。2月を司る二黒土星は陰陽で言えば「陰」を担当する星。その象意も「影」「セカンド」という受け身的ものが多い。人間の関係性にも必ず「陰陽」がある。時には自分が主役になったり影役になったり、トップに立ったりセカンドとしてサポートしたり。人はどうしても目立つ「陽」にばかり気を取られがちだが、今月は「陰」や「影の部分」「見えない役割」に目を向けてみよう。
そのためには、二黒土星の代表的な食べ物「具だくさん」料理がオススメ。たとえば「寄せ鍋」や「おでん」。いろいろな具材が1つの鍋や器の中でハーモニーを奏でる。主役の具材も添え物も、それぞれが持ち味を生かしつつ調和してよりおいしくなる。時間がたつほどに味わいが増す。どれ1つが欠けても同じ味わいにはならない。私たち人間も同じ。どんな場面でも、それぞれの持ち味を生かしながら自分の役割をしっかりと果たしていこう!

次のページ
1月に食べるべき、オススメの開運メシをチ...
1 2 3

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

湯気の向こうに笑顔が浮かぶ ブーム到来!焼売 今号の大特集は「焼売」でございます。餃子じゃなくて!?...