SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

週刊漫画誌「モーニング」(講談社発行)で連載中の「クッキングパパ」は、主人公のサラリーマン荒岩一味が、得意の料理の腕を振るって、家族や同僚らとの絆を深めるストーリーが人気。

著者のうえやまとちさん自身が、試行錯誤を繰り返しながら作り上げた自信作のオリジナルレシピを、詳細なイラストと臨場感あふれる筆致で紹介しています。本稿では3月3日号で通算1600話を突破した膨大なエピソードのなかから、毎週1つを取り上げ、その料理にまつわる四方山話をお届けします。

長引くコロナ禍で、自炊をする人が増えているいま、「クッキングパパ」を参考に料理を作って食べて楽しんでみませんか。第6回目は、「味噌汁」です。

現代に通じる!? 33年前の「クッキングパパ」が鳴らした食生活の警鐘

33年前、著者のうえやまさんが、単行本第17巻の帯で、日本の食卓に警鐘を鳴らし、自炊の大切さを訴えるこのようなメッセージを発しています。あれから、日本人の食料事情はどう変わったのでしょうか。

フードデリバリーサービス「GOFOOD(ゴーフード)」を運営する「ゴーフード」(本社・東京)が、2022年1月、500人を対象に「一人暮らしの食生活」に関する調査で「理想の食事」について聞いたところ「栄養バランス考えた食事」が57%と最も多い一方で、「自炊中心の食事」は18%にとどまっています。

また、「一人暮らしの食事で不足していると感じている栄養を補う方法」では、「補っていない/補う方法がわからない」が36%に上っています。補っている方法として「サプリメントを飲む」が38%であるのに対し、「他の食事で補う」は26%と低い水準でした。

一人暮らしをしている人のなかには、食事の大切さはわかっているものの、日々、仕事に追われ料理の時間が限られていたり、相次ぐ物価の高騰を受け、一人分を作るのが割高で面倒などの理由で自炊よりも、手軽に栄養を摂取したい実態が浮き彫りになっています。

魚をまるごと一匹投入! “おかず味噌汁”でパワーアップ

クッキングパパ「COOK.65 心の中からあったまるミソ汁を」では、魚を丸ごと使った豪快かつ栄養満点のアレンジ味噌汁が登場

手軽に栄養を補給するならば、具だくさんで栄養満点の“おかず味噌汁”はいかがでしょうか。
「COOK.65 心の中からあったまるミソ汁を」では、なんと米のとぎ汁にメバルやカサゴなど魚を丸ごと一匹入れた豪快なミソ汁が紹介されています。

味噌汁の具に魚一匹とはいっけん驚きですが、たんぱく質が豊富で良いだしが出て何とも滋味豊かな味わいがたまりません。最後にミソを2種類混ぜることをお忘れなく!コクと風味が増してグッと美味しくなります。その際、煮立てるのはご法度です!

「日本の味噌汁ってほんと ほっとする味ね」「身体がポカポカしてきてなんだか元気出てきたっス」。香港出張でお疲れ気味の妻や、風邪で寝込んでいる同僚をたちまち笑顔に変えてしまう魔法の一杯、まさに「ミソ汁一杯三里の力」のことわざ通りのパワーがあります。

次のページ
ご当地味噌、手前味噌…郷土料理にも多く使...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...