SNSで最新情報をチェック

新緑もまばゆい5月。やる気満々に日々を送っている人、一方で「五月病」的な倦怠感に襲われている人など、人によって状況はさまざまだろう。しかし今月は「高い目標」や「大きな夢」を意味する八白土星が司る。これまでの自分よりも一歩前進、ジャンプアップするための「目標」や「夢」を掲げよう!

画像ギャラリー
開運メシ
開運メシ

「気」を知り「運」の流れに乗る! 今月の開運めし指南

まず知っておきたい! 2022年5月の全体運

心地よい風とともに八白土星が司る5月は、
切り替えや節目などの気が流れ、ちょっとした転換期が訪れる
たとえば、頑なにずっとこだわり続けたことが、
急にどうでもよく思えてきたり、
これまで当たり前だったことがつまらなくなったり。
自分の中に芽生えた小さな変化から、
新たな目標や夢に向かって進むチャンスが!
八白土星には「山」という代表的な象意があり、
それは「目標」や「夢」に置き換えられる。そして、
その「山」は高ければ高いほど、険しければ険しいほど、
頂上に達したときに見える景色は美しく感動もひとしおだ。
5月、登りたい山を決めてその一歩を踏み出してみよう!

2022年5月の開運メシ

ちょっとした転換期が訪れる5月、「イクラ」「たらこ」でジャンプアップ!

自分の中に芽生えた小さな変化に気づいたら、新しい「目標」や「夢」を掲げて歩き始めよう!

それには八白土星の食象意「魚卵」がオススメ! 人間は基本的には安定や安心を望むもの。でも5月を司る八白土星が促すのは「変化」や「変容」だ。イギリスの小説家ジョナサン・スウィフトの「この世で変わらないのは、変わるということだけだ」の言葉のように、私たちは日々変化しながら進化していくもの。八白土星の気を持つ「魚卵」が私たちをバックアップしてくれるはず!

 「イクラ」「たらこ」「すじこ」「カラスミ」「キャビア」などの魚卵には、DHA、EPA、アスタキサンチンなど体に有効な成分が多く含まれている。脳年齢に関係するDHA、血管系に影響があるEPA、そしてアンチエイジングのアスタキサンチン。体と心は繋がっているから、体の中が活性化されることで心も前向きに。年齢と共に重たくなってしまった腰をあげてジャンプアップを!

次のページ
5月に食べるべき、オススメの開運メシをチ...
1 2 3

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...