SNSで最新情報をチェック

2022年も半年が過ぎ、「あっという間だね」「もう6月、早いなあ」なんて声が聞こえてくる6月。でもそこには、目には見えないが「人生の悦び」を意味する七赤金星の気が流れている。梅雨のジメジメで気分までどんよりしていると、「自分の人生、ちゃんと楽しんでる?」という七赤金星の気からの問いかけを感じるはず。6月はぜひ全力で「楽しむ!」ことに取り組もう!

画像ギャラリー
開運メシ
開運メシ

「気」を知り「運」の流れに乗る! 今月の開運めし指南

まず知っておきたい! 2022年6月の全体運

梅雨の季節6月、世の中には七赤金星の気が充満する。
鬱陶しい雨模様の毎日でも、その影に潜む「気」は
「自分の人生、もっと楽しもう!」と促してくる。
「仕事が充実していること」「経済的な豊かさ」
「家族の仲が良いこと」「健康でいること」
「恋愛」「趣味」「友達との時間」……。
1日仕事を休んでリフレッシュ旅行に行くもよし、
やってみたかったイメチェンをするもよし。
日々に追われ忘れていた「楽しい!」と思えることに、
今月は全力で、本気で取り組んでみよう!

それがきっかけとなって、自分にとって本当の意味での
「人生の悦び」を見つけることができるかも

2022年6月の開運メシ

「辛味」のきいた料理でスパイシーな毎日を!

 毎日が忙しくても、暇でも、人は日常に慣れてしまいがち。「つまらない」と思っていても、それを積極的に打破するかというとそうでもない。そんな状況や気持ちに喝を入れて、6月は思い切って「自分を楽しませる」こと、自分の「楽しい!」に全力で取り組もう。それが日々の生活に刺激を与えてくれるし、あなたにとっての「人生の悦び」に気づけるチャンスになるかも!

 そんな七赤金星の「気」を取り入れるには「辛い料理」がオススメ! 「キムチ」や「麻婆豆腐」「トムヤムクン」に「激辛カレー」。唐辛子をはじめ生姜やミョウガ、胡椒に豆板醤などをきかせたホットな料理が、梅雨の季節のなんとなく鬱々としてしまいがちな気分も吹っ飛ばしてくれるはず

「うどん」や「そば」なら七味をかけて、「刺身」にはわさびに生姜を利かせ、「しゃぶしゃぶ」などの肉料理なら柚子胡椒やもみじおろしなどをたっぷり入れて。「辛味」はどんな料理にでもササッとアレンジしやすいので、ぜひお試しを! 

次のページ
6月に食べるべき、オススメの開運メシをチ...
1 2 3

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...