SNSで最新情報をチェック

月初から全国的に猛暑が続いている7月。人の気を司るのは「六白金星」。今月は「誰かのために」「広い心で」がキーワード。世のため、人のため、一日一善! あなたも少しだけ勇気を出して、これまで気恥ずかしくてできなかったことをやってみよう! そんな7月の気に乗るために後押しするのが、硬い殻に包まれている「ナッツ類」。あなたも自分の殻をやぶって挑戦を!

画像ギャラリー
開運メシ
開運メシ

「気」を知り「運」の流れに乗る! 今月の開運めし指南

まず知っておきたい! 2022年7月の全体運

7月を司るのは「天の星」の異名を持つ「六白金星」。
その下で生きる私たちも、まずは
太陽のように「明るく」「元気に」がポイント
朝、大きな声で「おはよう」と挨拶をしたり、
マスクからはみ出るような笑顔をするとか……。
そんなちょっとした行動から7月の気は動き出す。
そしてもうひとつ、「誰かのために」「広い心で」行動を!
人はみな「どこかで誰かの役に立ちたい」もの。
にもかかわらず「恥ずかしい」とか「できるか不安」という人が多いはず。
そんな人にとって7月は行動してみるチャンスに!
後半からは「土用」に突入し「気」が乱れる。
体調不良、仕事でのミス、事故やトラブルにご注意を!

2022年7月の開運メシ

「ナッツ類」があなたの「えいっ!」を後押しする! 

電車で席をゆずるタイミングを逃し、思わず寝たふりをしてなんとなく罪悪感を感じたことはないだろうか? 電車で席を譲る。困っている人に声をかける。落ちているゴミを拾う。コンビニの店員さんに挨拶をする。会社のトイレを掃除してくれている人にお礼を言う。洗面所の水はねを拭く。散らばったパンフレットをラックに戻す……。

やってみればほんの一瞬の行動なのに、「善行」はどこか気恥ずかしくてなかなかできないもの。でも、私たち一人ひとりが少しの勇気を持って、人を思い、世の中を思って行動できたら世界はきっともっと平和になるに違いない。

「六白金星」が司る7月は、「世のため、人のため、一日一善!」ということで、少しだけ自分の意識を変えてみよう。そんな「気」に乗っていくには六白金星の食材「ナッツ類」がオススメ! ピーナツも、くるみも、ピスタチオも、アーモンドも、ナッツ類はみな硬い殻に覆われていてそのままでは食べられないものばかり。でもその殻を破れば、そのままでも料理に使っても、スイーツの材料としても活用される。私たちも自分を覆っている殻を破り、できなかったことに「えいっ!」と挑戦してみることで、誰かの役に立てるかも!

次のページ
7月に食べるべき、オススメの開運メシをチ...
1 2 3

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

絶対満足できる ご褒美うなぎ ほの甘いタレの香ばしい匂いに誘われて、今年もうなぎ特集がやってきました...