SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

全店実食調査!『おとなの週末』が自信を持っておすすめするお店をご紹介します。今回は、東京・江戸川橋にある中華料理店『汀』です。

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ですが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しています。

若き店主が始めた実力派のネオ町中華 日常のごちそうが勢揃い

町中華といえば、いつでも気軽に行けて、地域の人々の胃袋の支えになってくれる、ありがたい存在。四川の名店「神楽坂芝蘭」で料理長も務めた、若き店主・江崎さんが目指すのも、まさにそれだ。

麻婆豆腐や成都担々麺といった伝統的な四川の味はそのままに、焼餃子や焼売、チャーハンなどの日常の料理も大事にする。しかも夜でも麺類だけ、はたまたメインにご飯を付けて定食でという楽しみ方もあり。

回鍋肉1100円 、 トマトと卵のふんわり炒め1100円 、 麻婆豆腐1100円

奥:回鍋肉1100円。 油や湯通しをせず、生から炒めることで豚肉の旨みを引き出す。具材に入るスライス生姜が香りと食感のアクセント
右:トマトと卵のふんわり炒め1100円。 シンプルな塩味の中にも、トマトの酸味や玉子の甘みが生きていて、ご飯にもお酒にも合う
手前:麻婆豆腐1100円。 辛さや痺れは控えめながら、醤をしっかり炒めた香ばしさが味に厚みを出している

一方、飲んべえに向けては、紹興酒や白酒に加えて、中国各地の地酒・黄酒なんて変化球も。晩メシも、飲みたい気分もかなえてくれる懐の深さも町中華のスタンスだ。

店名は水のほとり、波打ちぎわといった意味。転じて心おだやかになれる場所という想いも込めて、たくさんの料理を作って待っていてくれる。

『中華 汀』

『中華 汀』の店舗情報

[住所]東京都新宿区山吹町128 米川ビル1階
[電話]070-8373-4767
[営業時間]11時半~13時半LO、17時45分~20時LO
[休日]日(他に不定休あり)
[交通]地下鉄有楽町線江戸川橋駅1b出口から徒歩6分

撮影/竹崎恵子、取材/菜々山いく子

※2022年5月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...