SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

1980年代を代表するアイドル歌手の一人である芳本美代子さん。1985年にシングル曲「白いバスケット・シューズ」でデビューし、明るい妹的キャラクターからバラエティ番組でも大活躍、ご存じ「みっちょん」の愛称で親しまれ、お茶の間の人気者に。群雄割拠の80年代アイドルムーブメントの一翼を担った。今もなおバラエティ番組にドラマ、舞台、そして、自身のYouTubeチャンネルも開設し、精力的に活動しています。今回は、芳本さんが愛してやまないとっておきの“ハートめし“を教えてくれました。芳本さんがおススメする東京・新宿三丁目のフランス料理店『クレッソニエール』を紹介します。

香り豊かなフランス風のローストビーフ

「5年くらい前に仕事の後、テレビのプロデューサーさんが連れてきてくれたのが、こちらのお店との出会いです」

オーナーシェフの田中彰伯さんとは、今では芳本さんの舞台を毎回観に来てくれるほどの仲となっているそうです。

「特に気に入っているのが、仔羊モモ肉のパイ包み焼きにキッシュ、オニオングラタンスープも外せません。そして、何といってもフランス風のローストビーフ!!」

フランス風ローストビーフ

こちらのお店では何を食べてもおいしいという芳本さん。

「ローストビーフが焼きあがると教えてくれるんです。お皿にこんもりと盛られていて、見た目では結構な量だなぁと思っても、おいしくってペロリと食べてしまうんですよ。焼きたてがまたおいしいんですよね~!」

じっくり焼かれたローストビーフから漂うローズマリーとガーリックの香りが食欲をそそる。こちらのローストビーフは、塩、コショウ、ピカンブランデーの3種の味付けで楽しむことができます。塩は、フランス西海岸ブルターニュ地方にあるゲランドの塩田で作られたミネラル豊かな天日海塩。肉をまろやかにし、旨味を際立たせます。コショウは、数種をブレンドさせており肉の本来の味を感じさせてくれる魔法のスパイスのよう。そして、ピカンブランデーとは、唐辛子を漬け込んだブランデーのことで、伝統的なフランスの調味料。こちらは、お店の自家製で、かなりの辛さ。お肉の上に一滴たらせば、充分にその効果を実感できるはず。この辛さでさっぱりとしたテイストに味変します。

「マッシュポテトも滑らかでおいしいんですよ。気軽な雰囲気のお店なのに何を食べても繊細なおいしさがあるんです」

また、忘れてはならないのが、ローストビーフに添えられたマッシュポテトの存在だと芳本さんはいう。ローストビーフの塩味を中和してくれるだけでなく、サラっと滑らかな舌触りに思わず感激してしまうほどの名脇役なのだとか。

「料理がおいしいので、ワインもすすむんですよね~」

お酒はワイン派というわけではないのですが、このときばかりはワインがすすんでしまうのだそう。

次のページ
気軽に本場フランスの郷土・家庭料理が堪能...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

湯気の向こうに笑顔が浮かぶ ブーム到来!焼売 今号の大特集は「焼売」でございます。餃子じゃなくて!?...