SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

ハワイから日本にやってきて、ツアーを転戦しながらおいしいものを満喫しているのがエイミー・コガさん(26)。177cmのスレンダーな長身と長い手足、子供のような笑顔が印象的です。

長崎・佐世保生まれ、ハワイで育つ

父、古賀裕規男さんの故郷である長崎県佐世保市で生まれ、ブラジル、日本、マウイ島(米ハワイ州)ニューヨークと移り住んだ後、10歳からオアフ島(ハワイ州)でゴルフの腕を磨いています。日本での拠点は大阪府にありますが、家族が住むオアフ島の自宅には、今も時間ができれば帰っています。

ゴルフを始めたのは8歳の時。2007年にはゴルフダイジェスト・ジュニアカップ(9~11歳の部)で3位になり、2010年にはIMGゴルフアカデミー世界ジュニア選手権(13~14歳の部)で優勝しています。ワシントン大学に進学後、ハワイ大学コミュニケーション学部に籍を移し、2015年にプロに転向しても、現在3年生として在学中です。

2015年に日本女子ツアー(JLPGA)のQT(下部ツアー)を受験し、96位でTPD単年登録(当時)して、2016年に日本でプロデビューしました。日本で出場権が得られなかった2017年は、主に韓国ツアーに参戦。2018年は日本(大阪)に腰を据え、プロテストを受験します。見事にトップ合格を果たし、翌2019年開幕戦ダイキンオーキッドで2位に入る活躍を見せています。

ハワイの自然を思わせる無邪気さと、おとなの表情が交錯する不思議な魅力が、SNSでもあふれています。英語ネイティブのエイミーさんが、たくさんのかな文字と漢字で一生懸命書いた日本語が「かわいい!」と評判なのです。英語と一緒に書かれていることが多いのですが、一度見たらまたみたくなる書き込みから、エイミーさんのプレーを見たい、という気持ちになる日本のファンも多いようです。

コロナ禍で、なかなかハワイに帰ることができず、だんだん元気がなくなってしまったというエイミーさん。感染状況が落ち着いて、行き来ができるようになるとすぐ“充電”しに常夏の島に向かったそうです。

帰ったらすぐに、何もしていないのに見違えるように良いショットが出るようになったというのですから、ハワイという土地から受け止めるエネルギーはものすごく大きいのでしょう。日本でも海を見るのが大好き。海の見えるコースではテンションが上がる、と笑って教えてくれました。

エイミー・コガさん

次のページ
日本のご飯は本当においしい...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

絶対満足できる ご褒美うなぎ ほの甘いタレの香ばしい匂いに誘われて、今年もうなぎ特集がやってきました...