SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

実はうなぎの街である三重県津市の格安うなぎ情報!2500円あればうな丼やひつまぶしが食べられるのです。市民ひとりあたりのうなぎの年間消費量が全国1位になったことのある三重県津市。そこで見つけた格安店とは!愛知在住のライター・永谷正樹が徹底調査しました。2022年の「土用の丑の日」は7月23日と8月4日の2日。がっつりうなぎを食べて、暑い夏を乗り切りましょう!

『大観亭支店 津駅西口店』 @津

超肉厚うなぎがご飯を覆い尽くす絶品うな丼

近鉄名古屋線津駅西口前に創業して50年超。現在は3代目の山本浩二さんと息子さんで4代目の淳さんが焼き場に立つ。「支店」とあるのは、かつて津市内にあった料亭『大観亭』の支店として開店したからだ。

上丼 2150円

『大観亭支店 津駅西口店』上丼2150円 肉厚のうなぎが4切れのる。「並丼」(2切れ)は1350円。「中丼」(3切れ)は1800円

ご飯の上を分厚いうなぎが覆い尽くす「上丼」(2150円)や「ひめまぶし」(2050円)に使われているのは2.5P(約400 〜500グラム)の大うなぎ。うなぎの質もさることながら、炭火で皮と身の間の脂の旨みを封じ込めていて、ほのかに甘みを感じる。

『大観亭支店 津駅西口店』 

[住所]三重県津市大谷町261
[電話]059-228-2598
[営業時間]11時〜20時(19時半LO)※月のみ11時〜14時(13時半LO)
[休日]不定休
[交通]JR紀勢本線ほか津駅西口から徒歩1分

『うなふじ』 @津

伊勢自動車道芸濃ICから近いため、県外からも多くの客が訪れる人気店。開店前から行列ができることも珍しくない。

うなぎ丼(特) 2200円

『うなふじ』うなぎ丼(特)2200円

カリッと焼き上げた大きな蒲焼が5切れものっている「うなぎ丼(特)」は2200円と、津のうなぎ屋の中でもコスパは最高。並んででも食べたくなるのも納得だ

『うなふじ』

[住所]三重県津市高野尾町633-29
[電話]059-230-0093

『新玉亭』 @津

創業は明治23(1890)年。津の老舗うなぎ店の代表格がここだ。創業以来、受け継がれてきたタレは、やや辛口でうなぎの美味しさを引き立てる。

中丼 2145円

『新玉亭』中丼2145円

うなぎが3切れ入る「中丼」(2145円)がおすすめ。8/7(日)までの土・日と8/11(木)〜14(日)のお盆期間の夜はテイクアウトのみの営業

[住所]三重県津市丸之内養正町5-1
[電話]059-224-0008

次のページ
『うなぎ料理 はし家』 @津...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...