SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

お笑いコンビ「ティモンディ」前田裕太さんの、「目指せ、理想の大人」をメインテーマに掲げた連載コラム。30代を目前にした前田さんが「大人」を目指して過ごす日々を、食・趣味・仕事など様々な視点で綴ってくださいます。連載は、第1・3木曜日に更新です。「(理想の)大人ってなんだろう?」を一緒に考えながら、前田さんの成長を見守りましょう!
今回は、「人付き合い」編の第4回。電話にラインにSNSのDM…かなり連絡手段が増えた今の時代、その価値観の違いは、時に人間関係をややこしくしてしまうもの。前田さんも、便利すぎるが故の不自由さに悩まされているようです。

携帯への着信は無視してもOKですよね?

私は、他人と連絡を取り合うのが苦手だ。
携帯に電話がかかってきたら、大体は一回無視するし。

まあ2回かかってきたとしても無視する。

3回連続でかかってきたら、流石に何か緊急のことがあったかなと思って電話を取るけれど、基本的には、出ない。

大人としてどうなんだ、かかってきたなら取れよ!と思う読者諸兄姉もいるかもしれない。

けれど、私からしてみれば電話なんてものは、かける人の方が気が知れない。何故、世の中には、いきなり相手に電話をかけるなんて蛮行を平然とできる人間がいるのだろうか。

スマホに”着信”と表示されるたびに、いや、一方的に相手の都合の良いタイミングで電話をかけて来られても!こっちには誰かと会話する心の準備が出来てないから!と思う。

何故、「今電話かけても大丈夫?」の一言が言えないのだろうか。

唐突に電話をかけてくるなんて、アポもとっていないのに、いきなり家の玄関まで押しかけて、インターホンを鳴らしているようなものではないか。

予告なしに、いきなり小テストを課す国語の先生のように理不尽だし、気を抜いてたら唐突に小型犬に吠えられた時のように心臓に悪い。

ムカつくので例えが流暢に出てきちゃうじゃないの。

きっと、そういう類いの人間は、逆の立場になった時、いつ電話をかけて来られても精神的に平気なのだろう。

そんな人といくら連絡を取り合っても分かり合える気がしない。

急用なら別だけれど、電話に出たとしても「今なにしてる?」とか「ご飯行こうよ」とかで、差し迫った用事だった試しがないし。

返信が自分のタイミングで出来るラインというツールがあるのだから、それで用事を伝えてもらいたいものだ。

ってか、ラインでいいだろ。

着信をスルーしても、大体が、電話の後に「〜という理由で電話をかけたんだけど」とラインがくるので、それを確認した上で連絡した方が良さそうならこっちから電話をかけるし、基本的にかかってきた電話は無視しても構わない、という認識になってしまっている。

もしもの時があった場合は良くない気もするけれど、これは、普段差し迫った連絡をしてこないみんなが悪い。

気楽に電話をかける人達が、こんな電話無視モンスターを産んだのだ。

次のページ
ラインにおける「無視」とは…?...
1 2 3

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

湯気の向こうに笑顔が浮かぶ ブーム到来!焼売 今号の大特集は「焼売」でございます。餃子じゃなくて!?...