SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

お笑いコンビ「ティモンディ」前田裕太さんの、「目指せ、理想の大人」をメインテーマに掲げた連載コラム。30代を目前にした前田さんが「大人」を目指して過ごす日々を、食・趣味・仕事など様々な視点で綴ってくださいます。連載は、第1・3木曜日に更新です。「(理想の)大人ってなんだろう?」を一緒に考えながら、前田さんの成長を見守りましょう!
今回は、「人付き合い」編の第3回。約束の当日になって、なぜかとてつもなく行くのが億劫になってしまった経験、ありませんか?行ってしまえば楽しいのはわかっているのに、どうにも気分が乗らない。そんな“家の悪魔”にとりつかれたとき、前田さんは、とある方法で自分を納得させているようです。

恐るべし、“家の悪魔”の囁き

約束をした時は盛り上がったのに、当日になると億劫になる時がある。自分勝手な話だ。

家を出ちゃえば勝ちなのだけれど、準備をして家を出ることが面倒で、やっぱり今日の予定なくならないかなあ、と願う。

楽しみではなくなってしまった訳ではない。ただひたすらに、家から出るのが面倒に思えて仕方なくなってしまっただけだ。

現に、家を出てさえしまえば、楽しく予定を過ごせたりする。

ただ、家で準備をする段階では、どうかスプリンクラーがぶっ壊れたような豪雨に見舞われて、やっぱり今日の予定はなしにしよう、と提案しても咎められない悪天候に今からなりますように、と、学校が休みになれと願う小学生のような思考になる。

今日の野球部は室内練だな、と思うほどの雨が降れば、約束を別日にしよう、と連絡しても然るべきだろう。

自分が所属していた高校の野球部は限界まで雨天決行ではあったけれど。

随分と子供のような気分屋で我が儘だなあだと自分でも思う。

約束に対する楽しみよりも、その場所に行く労力が思ったよりも必要だった時に起きるこの現象を、”家の悪魔”と呼んでいる。

要は、その悪魔が耳元で囁くのだ。

「その食事に行くよりも、家で過ごした方が楽だべ」

家の悪魔が、中居くんのような神奈川弁で話しかけてくる。私が神奈川出身だからか、地元の友達と同じような距離感で天から声がしてくる。

ここだけの話だけれど、家の悪魔の声に耳を傾けてしまい、「僕は体調不良なんだ」と自分に言い聞かせて、実際に体調が悪くなって約束を反故にしてしまったこともある。

熱出ちゃって、という理由で断ったら、本当に熱が出てしまった時には、自己暗示の力の強さに震えたものだった。

空を飛べると自分に言い聞かせれば、羽田札幌間を自力で飛行できるような気がしないこともない。

次のページ
悪魔の囁きの正体は…...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

絶対満足できる ご褒美うなぎ ほの甘いタレの香ばしい匂いに誘われて、今年もうなぎ特集がやってきました...