SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

手間のかかる料理はしたくない。簡単でもちょっとプレミアム感がある料理を作りたい。そんな皆さんにぴったりの、パパッと簡単!! 5分でできる超時短レシピをご紹介します。

こだわりポイントは、素材の旨味を引き出すこと。簡単&シンプル素材なのにワンランク上の味に仕上がります。味にとことんこだわる、おとなの週末WEB読者の皆さんにもご納得いただけるようなレシピばかり。

お酒のアテにも、ごはんのおかずにも、おもてなしの一品としてもぴったりのレシピです!

レシピ考案/藤岡操(フードコーディネーター・栄養士)、写真/柏木ゆり、文・構成/おと週Web編集部

【超時短レシピ】5分でできる“おとなの”簡単メニュー一覧はこちら!

【生ハム&シラスすだちごはん】ごはんが進む! お酒のアテとしても最高!

すだちは徳島県の名産。焼きサンマに搾ったり、スライスしてうどんにのせた「すだちうどん」が有名ですが、おかかごはんにすだちを搾る「すだちごはん」も定番だそうです。今回は、このすだちごはんをプレミアムにアレンジ!

すだちの香りが心地良い、主食にもなる、お酒のアテにもなるレシピです。生ハムの脂っこさや、シラスの生臭さは、かぼすをひと搾りするだけで気にならなくなります。

生ハムもシラスも、素材そのものにほどよい塩味があるため、塩などの調味料は不要。かぼすの酸味のおかげで、塩味のもの足りなさを感じることはありません。

シラスはカルシウムがたっぷりなので、シラスを盛り盛りにしてお子さんにも! 生ハムごはんは、ごはんを生ハムで包みながらいただきましょう。

実は、ごはんとお酒との相性は意外なほど良いのです。特に、淡麗な味わいのお酒とごはんの甘みは相性◎です。シラスごはんは淡麗な味わいの日本酒や米焼酎と、生ハムごはんは甘みの少ない軽めのワインとの相性が抜群です。

◆材料(2人分)
ごはん…茶碗2杯分
すだち…1個
生ハムまたはシラス…適量
オリーブオイル…小さじ1
黒コショウ…適量

◆作り方
1.すだちは半分に切る。
2.器にごはんを盛り、生ハム、またはシラスをのせてオリーブオイルをかけ、黒コショウをふる。すだちを搾って食べる。

◆アレンジポイント
すだちは果皮も香りが高いため、果皮をすりおろして振りかければ、お酒との相性がさらに高まります。

参拝の御利益?!名刹の参道で見つけた至福の「しらす丼」 東京路線バスグルメ(4)

【超時短レシピ】5分でできる“おとなの”簡単メニュー一覧はこちら!

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...