SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

まだまだ激辛メニューは人気のコンテンツ。全国でおいしくて、辛〜い変化球が登場してきますね。それ、もちろん京都にもあります。

京都の洛西、激辛にこだわる「京都向日(むこう)市激辛商店街」。商店街とはいっても、JR向日町駅から阪急西向日駅周辺までの広域エリア。そこにおよそ70の店舗が参加する激辛地帯があるんです。もちろん中心は飲食店。中国料理、和食、洋食、インド料理、お好み焼きや焼肉、そしてスイーツまでと多彩な激辛メニューがラインナップ。そのほかにも激辛香辛料を扱う酒屋さんや、激辛なシミを抜くクリーニング屋さんなど、2009年からみんな激辛キーワードで街を熱くしてきました。

“火を噴くような”激辛は変わらず人気ですが、それもおいしいが大前提。しかも辛いものが得意じゃなくてもおいしく食べられる“うま辛”メニューもあると聞き、それなら……と、試してみることに。

本格担々麺に果てしない辛み。

JR向日町駅を下車、駅前から伸びる通りを中心に激辛参加店が点在。ここから激辛、いえいえ、うま辛三昧のはじまりです。

まずは、この激辛地帯を率いる激辛商店街会長、宮路亮さんの店『純中国料理 麒麟園』へ。商店街が主催する『KARA-1グランプリ』の2012年初代優勝メニューだけあって、〈激辛 担々麺〉は1辛から15辛までとその激辛度も気合が入っています。宮路さん曰く「もともとは5辛まででしたが、次々と挑戦者が現れ、受けて立つうちに15辛まで増えてしまって」とのこと。ちなみに5辛まではジョロキア+4種のトウガラシで、6辛からはモルガ・スコーピオン、10辛からはキャロライナ・リーパーが加わるそう。普通の人は2~3辛ぐらいまでがおすすめです。

JR向日町駅を出ると目の前に激辛マスコット〈からっキー〉像が目に飛び込む。
〈激辛 担々麺〉(990円~・税込)。スープは鶏ガラベースのゴマ風味で、国産小麦100%でつくった特製のちぢれ麺に自家製の肉味噌を絡める。辛みを足さないノーマルもあり、こちらはピリ辛で超ウマい。
冷やし担々麺も人気のメニュー。こちらはコク深いゴマベースの細麺でチャーシューやエビが乗りボリューム満点。
激辛メニューは、3辛から100円ずつUP。担々麺以外にもマーボ豆腐やエビチリ、担々五目麺などを激辛メニューとして注文できる。
激辛担々麺のお持ち帰り用は、店頭のほかネット通販もあり。「麒麟園 担々麺」(3食入り、1,890円税込)。麺と鶏ガラベースの濃厚スープに特製肉味噌、ジョロキアパウダーがセット。
創業は1966年。店名の前につく(純)は、本格的な広東料理を出す証だ。父の跡を継いだ2代目の宮路亮さんが、激辛商店街の会長も務めている。

次のページ
辛い梅昆布茶って!?...
1 2 3

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...