SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

旬の食材はリーズナブルなだけではなく、美味しく、栄養価も高くなっています。そのため、ど~んとまとめ買いをしたいところです。でも、生の食材は冷蔵保存では鮮度が保てるのはせいぜい2~3日。そこで活用したのが冷凍庫。しかし、冷凍保存も万能というわけではありません。冷凍保存に適した食材と適さない食材を見極めないと、食材を台なしにしてしまうことも……。では、どのような食材なら冷凍にしても変わらぬ美味しさを維持できるのかを考えていきましょう。

文/田村順子(フードライター)、写真/写真AC

生食する野菜は冷凍NG

基本的に、ほとんどの野菜はそのまま冷凍することができます。ただし、水分の多い野菜は冷凍するとシャキシャキの食感が失われてしまいます。そのため、生で食べることを前提とする野菜の冷凍は不可と考えましょう。特に、レタス、きゅうり、トマトは冷凍には不向きです。

レタスのようにパリパリ食感を楽しみたい野菜は冷凍してはダメ。冷凍は野菜の水分を奪ってしまうので、しんなりしてしまう

解凍後に調理をするのであれば、白菜やピーマン、もやし、キャベツ、小松菜などの葉もの野菜などの水分の多い野菜も冷凍しても問題ありません。ただし、解凍後はクタっとした食感になってしまうので、野菜炒めのようなサッと加熱してシャキシャキとした野菜の食感を楽しむような料理に使用するのはお薦めできません。

小松菜やほうれん草などの葉もの野菜も冷凍は可能だが、解凍後はクタッとしてしまうので、生の野菜の食感は失われる

冷凍したほうが調理時間を節約できることもあります。たとえば、野菜の中の細胞が壊れたことで柔らかくなったり味が入りやすくなるため、味が染みにくい大根、にんじん、れんこんなどの根菜類、いも類などは、一度冷凍したもの使ったほうが短時間で美味しく仕上げることができます。

トマトも生食ではなく、ラタトゥイユのような煮込み料理に使用するなら冷凍したもののほうが調理時間を短縮できます。 きのこは洗って冷凍すると風味が落ちてしまうので、洗わずに冷凍しましょう。汚れが気になるなら、水で湿らせたキッチンペーパーで汚れを拭き取りましょう。

トマトは煮込み料理やトマトソースなどに使用するなら冷凍してもOK
きのこは洗って冷凍すると旨味や香りが失われてしまう。しめじなら石づきを落として小房に分けるなど、下処理をしてから冷凍しよう

水分の少ない加工食品ならOK

加工食品ですが、パンは冷凍しても美味しくいただけます。ただし、乾燥をしないように個別にラップで包んでから保存袋に入れて、保存袋からしっかり空気を抜いて冷凍保存しましょう。ただし、保存期間が長すぎると乾燥してパサついてしまうので、長くても1カ月以内には食べきりましょう。

いっぽう、こんにゃく、豆腐は冷凍には不向きです。これらは冷凍することで水分が抜けてしまい、硬くなってしまいます。ただし、豆腐の場合は冷凍すると凍み豆腐のようになって味染みが良くなるため、煮ものなどに使用すれば美味しくいただくことができます。

チーズは冷凍すると若干、ボソボソした食感になってしまいますが、プロセスチーズやピザ用チーズは冷凍保存が可能です。ただし、水分が多いモッツァレラチーズなどのフレッシュチーズは食感が落ちるので冷凍は避けましょう。

こんにゃくは冷凍すると水分が抜けて硬く、ゴムのようになってしまう

次のページ
肉はパックから出してドリップを除去...
1 2

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...