SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

元アイドルは5年近くに及んだ刑務所暮らしで何を食べ、食に何を見出したのか?塀の中に美味しいものはあるのか?元アイドルの後藤祐樹さん(36)が『アウトローの哲学(ルール) レールのない人生のあがき方』(講談社ビーシー/講談社)を上梓した。彼は、この本の中で塀の中の生活に触れている。

13歳で芸能界にスカウトされて、ダンスボーカルユニット『EE JUMP』のメンバーとしてスターダムにのし上がった。しかし、15歳の時にスキャンダルが報じられて芸能界を追放。その後非行に走り、窃盗や強盗傷害事件で逮捕された。結局21歳から26歳まで、警察署の留置場や塀の中(川越少年刑務所)で過ごさざるを得なかった。さて、彼が経験した異世界の食とは―――。

計4回の短期連載で、いわゆる「臭いメシ」をテーマに作家・西村健氏が描く。その第3回。

「みんな甘いものに飢えている」

刑務所に入ったら、とにかく甘いものが欲しくなる。以前、取材した元受刑者達は強く主張していた。内の一人は元々お酒が好きで、甘いものはそんなに食べる方ではなかった。それでも―――

「中にいたら、酒が呑みたいとかは特に思わないんです。それよりとにかく甘いものが食べたい。本当にそうなります」

私(西村健)も、酒好きでは人に負けない自信がある(苦笑)。これでも子供の頃はお菓子が大好きだったが、酒を呑むようになってからは全く受け付けなくなった。恐らく酒だけで既に糖分は充分なのだろう。だから更に甘いものを摂ろうとすると身体が拒否するのだと思われる。以前、ショートケーキを一つ食べて気分が悪くなったのは、強烈な思い出である。それでも―――

「いや、そんな西村さんでも、中に入ったら甘いものが食べたくなります、って」と彼は言い張っていた。

後藤氏に確認してみると、全く同じ意見だった。

「僕の周りを見てみても、普通は男性、甘いものはあまり食べない、って人も多いじゃないですか。特にお酒呑みの人はそうですよね。でも中に入ると真逆なんです。みんな甘いものに飢えている。出されると、むしゃぶりつくように食べてます」

「とにかく甘いものが食べたくなる」という後藤祐樹さん

出所したら、お菓子を買いまくって食いまくる

後藤氏は元々、お酒はそんなに呑む方ではなかったそうだ。ただ、ヘビースモーカーではあった。日に何箱も吸っていた。タバコの禁断症状はどうだったのか。

「それが、タバコも別に吸いたいとは思わないんですよ。それよりとにかく甘いものが食べたい。お酒よりもタバコよりも、甘いもの。それが実感でしたねぇ」

こういう証言を聞くにつれ、我々は普段の生活で必要以上の糖分を摂っているのだろうな、と思い知らされる。それに身体が慣れている。だから刑務所に入って、必要最小限の糖分しか与えられないと無性に欲しくなってしまう。そういうことなのだろう。

連載第1回の際に、糖尿病持ちだったのが「服役したらそれが治った」という元囚人の証言を紹介した。外にいると過剰なまでの糖分にさらされるから、糖尿病にもなってしまう。だが塀の中で、必要最小限の糖分だけを摂っていれば、症状が改善してしまった、というのだ。どれだけ我々の普段の生活は不健全なのか、こうしたエピソードから思い知らされる。

余談だが、私はヤクザの取材もそれなりの数をこなしてきた。映画や漫画などのイメージから、大酒を喰らって暴れる無法者のイメージがあるかも知れないが、会ってみたら意外や意外。極道には「お酒は苦手」という人がとにかく多いのだ。逆にほぼ全員、「甘いものが大好き」。彼らは刑務所暮らしが長いので自然、そうなってしまうのだと思われる。

以前、「見るからにそのスジ」という人と喫茶店で会って、話をした時のこと。私はコーヒー、彼はフルーツパフェを注文した。持って来たウェイトレスは当然のように、私の前にパフェ、彼の前にコーヒーを置いた。彼女が立ち去ると互いに苦笑して、パフェとコーヒーとを交換した。本当に実態は、こういうものなのだ。

閑話休題―――

「糖尿病が治った」という彼は、塀の中ではよく甘いものを食べる夢を見ていたという。

「デッカいデコレーションケーキに頭から突っ込んで、周りを食べ散らかすとか。テーブル一杯にお菓子を並べて、片っ端から食べ尽くすとか。そういう夢を本当に見るんです。それも、一度や二度ではなく、何度も」

デコレーションケーキ

後藤氏に聞いてみると、
「あぁ、分かります分かります」と苦笑を浮かべた。時代も異なり、成人刑務所と少刑という違いもあろうが、そこのところは変わらないということのようだ。

「川越少年刑務所って、出てすぐのところにローソンがあるんですよ。だからみんな、『出所したら真っ先にあそこに行くんだ』って話してましたねぇ。中の作業で報奨金が出るから、『1万円分、お菓子を買いまくって食いまくる』なんて」

ただ、中での特殊な食事事情に身体が慣れてしまっているから、色々と変な体験もするという。

「“旗日(祭日)”には必ず甘いものが出るんです。コーラとかも。普通、コーラなんて何てことない飲み物なのに、中では滅多に飲めないから。何だか甘味と炭酸を味わってるだけで、ハイになっちゃうんですね」

ポテトチップスにも苦労したという。

「普段、柔らかいものばかり食べさせられるから、口の中が弱くなっちゃうんですかねぇ。ポテチ一袋、食べたら口の中が傷だらけになってましたよ」

それは恐らく、夢中で頬張ったせいも多分にあったのではなかろうか。

「これは、甘味ではないんですが……。中では普段、熱いものもあまり出ないんですよ。だいたい冷めている。ところが夏になると、味噌汁が熱いんですね。これまた慣れてないから、口の中を火傷してしまう」

夏だけ味噌汁が熱いとは、どういうことか。実はその他の季節では、炊事場から大鍋で舎房まで運ばれて来る途中で、冷めてしまっている。ところが夏は冷めないから、熱い思いをすることになるのだとか。これも入ってみなければ分からない、「刑務所あるある」なのだろう。

次のページ
“掛け金”はお菓子...
1 2

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...