SNSで最新情報をチェック

東日本大震災で甚大な被害を受けた仙台市東部沿岸地区の防災集団移転跡地にて、2022年4月に開業したアクアイグニス仙台。「治する・食する・育む」をコンセプトに掲げた温泉と食の総合リゾートを、前・後編に分けてご紹介。前編では、訪れる人々を「治する」温泉と、宮城の地が「育む」青果を扱うマルシェを取り上げます。

画像ギャラリー

にぎわい創出のための新たなランドマーク

日本の原風景ともいえる「居久根(いぐね)」(屋敷の周囲を取り囲むように植えられた樹木の、宮城県での呼び名)があった美しい集落、仙台市若林区地区。

今は失われてしまった往時のにぎわいを取り戻そうと、足かけ4年の時間をかけて「アクアイグニス仙台」はオープンした。全7棟が並ぶ敷地内で、シンボルともいえる温泉棟には地下1000mから湧出する温泉「藤塚の湯」があり、宮城の魅力が詰まったマルシェ、飲食店、ショップが点在しており、オープン前から大きな話題に。

温泉、食事処、展望台のある建物。敷地の真ん中には今も市道が走り、ここにはかつて人々が暮らす集落があったことを感じさせる
温泉、食事処、展望台のある建物。敷地の真ん中には今も市道が走り、ここにはかつて人々が暮らす集落があったことを感じさせる

震災後、宮城県沿岸地域は各エリアの特性を生かしながら、新しい姿へと変身を遂げている。

特に「アクアイグニス仙台」が位置する仙台東部沿岸地区は、もともとあった歴史深い水辺や豊かな緑が復興の下支えとなり、新たな魅力を創り出しているエリア。周辺には名物朝市や体験型観光農園、震災伝承館なども点在する。「アクアイグニス仙台」は広域交流の中心地として、大きな役割を担っているのだ。

日没後は施設があるエリアのシンボル、藤の花をイメージしたライトアップを行っている
日没後は施設があるエリアのシンボル、藤の花をイメージしたライトアップを行っている

次のページ
食事や買い物とセットで楽しめる湯浴み...
1 2 3

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...