SNSで最新情報をチェック

コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも温泉に行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。今回は、青森にある“不老ふ死”の温泉のお話です。

画像ギャラリー

今回も前回同様に旅に同行する俺の相棒は30年来の腐れ縁(失礼)、落語家の「柳家獅童」師匠だ。師匠のことは昔からの呼び名で「⾵ちゃん」と呼ばしてもらうことにする。

さてさて珍道中の始まり始まり!

今回は「海賊のお宝か、はたまた“不老ふ死”の秘薬か、わんさかわんさか! わんさかわんさ! いぇ~い、いぇ~い、イェイェ~イの巻」でやんす。

親方、温泉は良いでゲスなぁ

俺の事務所に久しぶりに遊びにきた「⾵ちゃん」はドアから入るなり高らかに言いはなった。

「親方! 温泉は良いでゲスなぁ~」

「如何したんだい急に、怖いよ」

「拙は最近温泉に入っていないでゲスよ」

「それがどうしたのさぁ」

「前回からこう間が開きますと身も心も錆び付いてしまうざんすよ。なんだか口舌までも悪くなりそうです」

「おいおい、それは仕方がないだろう、担当編集者がなかなか記事化してくれないんだから、次に行けないのよ」(申し訳ありません……by担当編集E)

「またまた、そんなこと言って~。文章にキレがないから後回しにされちゃうんでゲスよ」

「おーっ。言うね!! 師匠に言われると傷つくなぁ」

「ダイヤモンドは傷つかないでゲスよ!」

「そうだ、親方。ダイヤモンド発見みたいな、なにかお宝がありそうな温泉知りませんか? そんなところに拙は入ってみたいでゲスよ!」

「うーん。そうだなぁー?」俺はしばし考えた。「ちょっと遠いんだけど、あることはあるよ

「えーっ! 本当にお宝が眠っている温泉なんか、あるんでやんすか?」

「うん、実はお宝だけじゃなくて、ついでに不老不死もついてくるんだよ

「そ、そんなこと聞いたら、いても立ってもいられませんぜ! レェツラゴーでやんす、ささ今からでも行きゃしょう、行きゃしょう」

「しょうがないなぁ~、それじゃちょっと行ってみるかい!」

数時間後、俺は愛車のステップワゴンに風ちゃんを乗せ、首都高を一路、東北道を北北西に進路をとった

次のページ
東京から10時間、黄金崎不老ふ死温泉を目...
1 2 3 4

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...