SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

全店実食調査!『おとなの週末』が自信を持っておすすめするお店をご紹介します。今回は、東京・飯田橋の居酒屋『煮タリ蒸シタリ こんぺいとう』です。

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ですが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しています。

せいろで楽しむ「蒸シ」の旨さ

2022年2月オープン。店内はステンドグラスにビロード張りの椅子、白木のテーブルと懐かしい雰囲気。「大正ロマンをテーマに、居心地のよい空間を目指しました」と店主の金谷大和さん。

店名どおり、身体に優しい「煮る」「蒸す」料理がメイン。その一番手が、せいろで蒸し上げる焼売だ。脂分が10~20%の国産黒豚のみを使用し、玉ねぎとたけのこを加えるのが基本の具だ。

パクチーシウマイ(1個)209円肉シウマイ(1個)176円、麻辣シウマイ(1個)198円、鳳凰美田 みかん酒 550円

『煮タリ蒸シタリ こんぺいとう』(奥から時計回りに)パクチーシウマイ(1個)209円 肉シウマイ(1個)176円 麻辣シウマイ(1個)198円(右手前)鳳凰美田 みかん酒550円 「麻辣シウマイ」や、「パクチーシウマイ」もクセになるおいしさ。「鳳凰美田」のみかん酒はすっきりとした酸味が焼売によく合う

ふわっと漂うせいろの香りを楽しみつつフタを開ければ、湯気の中からつやつやの焼売が現れる。旨みたっぷりの具に、たけのこの食感が絶妙なアクセントに。ひとつから注文できるので、焼売をつまみにカウンターで「ちょい飲み」という方も多いそう。レアな焼酎や日本酒とともにどうぞ。

『煮タリ蒸シタリ こんぺいとう』

[住所]東京都千代田区富士見2-2-9 大山ビル1階
[電話]03-6272-4886
[営業時間]11時半~15時、17時~23時半、土 15時~23時半、日・祝 12時~23時
[休日]無休
[交通]JR総武線ほか飯田橋駅西口から徒歩2分

撮影/小島昇、取材/本郷明美

※2022年9月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

旨さ鮮烈。しみわたる一杯 至極のラーメン 着丼とともに鼻孔をくすぐるスープの香り、ひと口飲めば身体の...