SNSで最新情報をチェック

日常にはさまざまな漢字が溢れています。それは生活にうるおいや豊かさをもたらす「食」の分野でも顕著。食べ物にまつわる漢字を知れば、それはそのまま普段の生活がより彩り豊かで楽しいものになるはず。

本コーナーでは「あれ、これどう読むんだっけ?」と思ってしまうような、忘れがちな難読漢字をお届けします。漢字を覚えて食生活を豊かにしよう!! 正解が分かった方は、ぜひこの食べ物との思い出を一緒に呟いてください!!!!

文、画像/おと週Web編集部

【写真ギャラリーで読み方を当てよう】何問わかる? 過去に出題された難読漢字クイズに挑戦!!

難易度:★☆☆☆☆

■難読漢字、食べ物編の正解はこちら

正解:どらやき

よくある間違い:どうどらやき

どらやきの名前の由来には、船の出航時に鳴らす銅鑼(ドラ)に形が似ているためという説、銅鑼を鉄板の代わりにして生地を焼いたからなど諸説あります。その歴史も平安時代にさかのぼるという説もあれば、明治、大正時代あたりに誕生したという説もあります。

どらやきは、身近な和菓子であるにもかかわらず、歴史、発祥の地や、名前の由来などに関して謎が多いのです。

また、「三笠」とも呼ばれることもあります。これは奈良にある若草山(三笠山)の形がどらやきの形に似ていることからと言われています。

ただし、今のようなカステラ生地にあんを挟んだスタイルになったのは明治初期また、大正時代からという説が有力なようです。それまでは薄い生地をあんを包む、きんつばのようなものだったようです。

【写真ギャラリーで読み方を当てよう】何問わかる? 過去に出題された難読漢字クイズに挑戦!!

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

旨さ鮮烈。しみわたる一杯 至極のラーメン 着丼とともに鼻孔をくすぐるスープの香り、ひと口飲めば身体の...