×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

新たな「うどん酒場」震源地・中目黒を歩く

博多スタイルのうどん酒場『イチカバチカ』、そして地元博多での火付け役とも言われる『二◯加屋長介(にわかやちょうすけ)』が相次いでオープンしたのが2016年。うどん酒場ブーム到来!と盛り上がったのは記憶に新しい。

で、お酒とつまみを楽しんでからうどんで〆るってスタイル、うどん好きにならずとも、すっかり定着したような気も――。

とそんなことを考えながら、ライター池田と、自称うどん通という編集・戎と一緒に中目黒に繰り出した。

戎「博多うどんの名店として六本木ヒルズで名を馳せた『はし田』が中目黒に登場しましたね。これはニュースです(ワクワク)」

池「あれ?キミ、自分は讃岐派って言ってなかったっけ?」

戎「……い、いや、ふわやわでアゴダシの効いた博多うどんも好き!それにうどん酒場っていう文化の発祥は博多ですからね」

池「そうそう、そのダシで食べる焼肉はさっぱりして確かにイケる。焼肉だけど和食居酒屋っぽい」

戎「あとに控える博多うどんは、飲んでる最中から楽しみだし、とらふぐ唐揚げとか、博多っぽいつまみもいいですしね。で、リニューアルしてより飲めるお店になった『饂飩酒場もちこし』。ここには揚げたての魚貝系天ぷらと旨い日本酒があります!」

池「む。このイリコ系のダシ、なんやかんやいうてキミ好きやろ?飲んだあとには染みるよなあ。あとな、なんでか〆がうどんだと旨い日本酒が呑みたくなるねん!」

戎「うどんは大阪寄りですかね」

池「うーむ、中目黒、いいぞ」

戎「そして『二◯加屋長介』改め、『博多ちょうすけ』に突撃〜」

池「うどん酒場のはしごって“一軒で〆まで満喫”ってコンセプトには反する気はするが……(笑)」

戎「博多天に、明太子、雲仙ハムカツに、胡麻カンパチ……って、さすがにつまみが豊富ですね〜」

池「酒の揃えはどないや?」

戎「自家製サワーいけます。ボクは長介白湯檸檬サワー推し〜!」

池「よ〜し、〆は博多っぽく、もつ醤油つけうどんにしよっ。桜エビもいっぱいかましてっと」

戎「中目黒、新たなうどん酒場の震源地となる予感大です!!」

撮影/西崎進也、取材/池田一郎

※2022年12月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

icon-gallery
icon-prev 1 2
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。5月15日発売の6月号では、「うまくてエモい!…