×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

かつて「偏差値29」から東大理科二類に合格した伝説の東大生がいました。杉山奈津子さんです。その日から十うん年……現在は、小学生から高校生までを指導する学習塾代表として、心理学から導いた勉強法を提唱しています。その杉山さんが、受験生を持つ親に贈る「言ってはいけない言葉」と「子どもの伸ばす言葉」。近著『東大ママの「子どもを伸ばす言葉」事典』から一部を抜粋し、入学試験シーズンを前に集中連載でお届けします。

失敗やしくじりは誰しもにあること

すべてにおいて、完璧になんでもできる人間なんて、存在しません。テストで及第点がとれなかったり、スポーツの試合で負けてしまったり……誰しもが失敗やしくじり、挫折を経験していくものです。大切なのは、その後それらをどう受け止めるか、でしょう。

何かを失敗することは、決して悪いことではありません。失敗することと、「失敗者」になることは、まるで違います。何かを成し遂げた人は、たいてい、「失敗は成功のもと」という名言を残しています。

成功者の共通点を見つけ出し、『思考は現実化する』というベストセラー本を書いたアメリカの著作家、ナポレオン・ヒル氏は、「失敗や逆境の中には、すべてそれ相応かそれ以上の大きな利益の種子が含まれている」と、説いています。つまり、失敗は、成功のための「種」なのです。

失敗は、むずかしい何かに挑戦したということ

27歳で「Spanx(スパンクス)」という補正下着の会社を起ち上げ、世界最年少でビリオネア(億万長者)になったアメリカの起業家に、サラ・ブレイクリーさんという人がいます。彼女は、成功の秘訣を問われた際、「幼少期の父親との会話が、最高のアドバイスになった」と話したということです。

彼女の父親は、学校で成績表やテストのことを聞くのではなく、いつも、「今日はどんな失敗をした?」という質問をしていたそうです。失敗したというのは、つまり、今の自分にはむずかしい何かにチャレンジした、ということです。そして、失敗したことから、何を学んだか、どんな成長をしたかを話したのだそう。

サラさんは、会社を起こす前に、ロースクールの試験に二度失敗しています。ディズニーワールドで働くも、やりたい役につけず、販売の仕事をしても、拒絶ばかりされたといいます。しかし、そんなことで、彼女の「何かに挑戦していく」という姿勢は変わったりしませんでした。彼女の失敗に対する考え方に、父親の言葉が大きな影響を与えていたからです。

その後、彼女は起業に挑戦し、見事、大成功を収めました。「失敗を恐れて自分の考えを追求できない人がたくさんいます。失敗は次に起こる素晴らしいことにつながるのだと、父に教えられました」

次のページ
失敗を否定しなければ、子どもはチャレンジを続けられる...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。3月14日発売の4月号では、「おにぎりとおべん…