SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

かつて「偏差値29」から東大理科二類に合格した伝説の東大生がいました。杉山奈津子さんです。その日から十うん年……現在は、小学生から高校生までを指導する学習塾代表として、心理学から導いた勉強法を提唱しています。その杉山さんが、受験生を持つ親に贈る「言ってはいけない言葉」と「子どもの伸ばす言葉」。近著『東大ママの「子どもを伸ばす言葉」事典』から一部を抜粋し、入学試験シーズンを前に集中連載でお届けします。

「できない」と責めることに生産性はない

何かできないことがあったとき、「できないことばっかじゃない!」と責めたところで、できることが増えるわけではありません。それどころか、子どもの自尊心を傷つけ、自己肯定感を低くしてしまうだけです。なんの生産性もありません。

「できない」ことは悪いことではないのです。むしろ、失敗はたくさんあったほうがいいくらいです。

まれに、何に対してもそこまで苦労せずに、いろいろとできてしまう、器用な子は存在します。しかし、そういう子ほど、他人を見下して、自分は偉いのだと強調したがる傾向があります。能力は生まれつき決まっているものだという価値観が強く、あとから伸ばすことはむずかしいという考えに陥りがちです。

そういう子は、何かできないことがあったときに、非常に挫折しやすく、もろくなります。努力の仕方を、学んだことがないからです。

できないことがあるから、人の気持ちに共感できる

伸ばそうと思えば能力は成長させることができると思うためには、できないことをポジティブに受け止める必要があります。まずは、「できない」ということを、きちんと受け止めることが大切です。そのうえで、未来の方向に目を向け、どう対処していくべきか、考えればいいのです。ですから、できないことにもプラスの要素があると、思考を訓練してみましょう。

たとえば、「できないからこそ、同じくできない人の気持ちがわかってあげられる」ものでしょう。相手の気持ちに共感することができる。これは実は、人間として大きなメリットとなりえます。相手に共感し、考えていることがわかるからこそ、手を差し伸べたり言葉をかけたりができるわけです。そういう人間の周りに、人は集まってきます。

相手の気持ちを無視して、すぐにマウンティング(優位性を誇示する行動)をし、自分の功績に注目してほしいと思っていては、周りから敬遠されていくばかり。相手の立場に立って物事を考えてあげられるというのは、生きていくうえで大切な要素なのです。そうしたことを、しっかりと伝えてあげましょう。

次のページ
できないことを親が怒ることで、できないこ...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

旨さ鮮烈。しみわたる一杯 至極のラーメン 着丼とともに鼻孔をくすぐるスープの香り、ひと口飲めば身体の...