SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

斬新な調理スタイルの「バズレシピ」や「至高のレシピ」で話題のリュウジさんは、お酒を飲みながら料理をするというYouTube動画が人気の料理研究家です。レシピの公開だけでなく、Twitter「リュウジの酒場探求記」では気になる飲食店の紹介も。SNSなどの総フォロワー数が760万人以上という「料理のお兄さん」が、感性の赴くままに歩いて街で見つけた「自分史上最高にウマくて、楽しく飲める店」について本音で語ります。

第7回は東京・浅草橋の「鶏料理居酒屋 TORIBIAN(トリビアン)」です。

「鶏豪快焼き」のボリューム、味に圧倒された!

僕は、浅草橋駅界隈でよく飲んでいます。下町ならではのディープな飲み屋が多く、常連の店で気分良く酔うことができたり、新規開拓するのも実に楽しいです。

以前、立ち飲み屋で隣り合わせたカップルと話が弾んで「この辺りで面白い店知ってる?」と尋ねたところ、案内されたのが「鶏料理居酒屋 TORIBIAN」。浅草橋駅に近い路地裏に佇む、知る人ぞ知る隠れた名店です。

鶏料理居酒屋 TORIBIAN

その名の通り、焼鳥から照り焼き、チキンカツ、鶏そば…など、定番にひとひねり効かせた一品料理が、信じられない安さで揃っています。

中でも目を引いたのが「鶏豪快焼き」(800円、21時までに注文)。どう豪快なのか。出て来た皿を見て、納得。何と1枚300グラムはあろうかというボリュームの鶏モモ肉は、思わず目を見張るほど。パリパリの皮とジューシーなモモ肉にさっぱりした塩だれが絡んで、衝撃のウマさ。最強コスパと相まって、こちらの殿堂入りメニューに決定!

鶏豪快焼き

焼鳥は「ささみ焼き」(1本200円)が、めちゃ美味しい。こちらも、ささみを丸ごと1本炭火で焼き上げているので、表面は香ばしく、中はしっとり。ささみ特有のパサつき感ゼロで、きりっとしたわさびがアクセントになっています。焼鳥は、どの串を食べても浅草橋でトップクラス間違いなし!

次のページ
居酒屋ラーメンの想像を超えた味とは?...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

旨さ鮮烈。しみわたる一杯 至極のラーメン 着丼とともに鼻孔をくすぐるスープの香り、ひと口飲めば身体の...