SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

斬新な調理スタイルの「バズレシピ」や「至高のレシピ」で話題のリュウジさんは、お酒を飲みながら料理をするというYouTube動画が人気の料理研究家です。レシピの公開だけでなく、Twitter「リュウジの酒場探求記」では気になる飲食店の紹介も。SNSなどの総フォロワー数が760万人以上という「料理のお兄さん」が、感性の赴くままに歩いて街で見つけた「自分史上最高にウマくて、楽しく飲める店」について本音で語ります。

第6回は東京・小石川の「洋食・ワイン フリッツ」です。

ランチのメンチカツに衝撃、引き立て役の「スーパー特選太陽ソース」もすごい

ランチがとびきり美味しい店は、ディナーの期待も裏切らない―。改めてそう感じたのは、出版社の人に連れられて入った洋食店「フリッツ」にて。店は、後楽園駅からほど近い由緒ある「えんま通り商店街」のビル2階にあります。街の洋食屋さんというよりは、フレンチレストランのような落ち着いた雰囲気に、胸が高鳴ります。

最初は、ランチに訪問。「ミックスフライ定食」(各種2000円台)をいただいた中で、特にメンチカツの衝撃が忘れられません。肉の旨味が全てぎっしりメンチに詰まって、頬張ると口の中で肉汁がじんわりあふれ出します。サクッと軽やかな衣まで、香ばしい。シェフの誠実な仕事ぶりが、メンチ1個からでも伝わってきます。

フライにかける「スーパー特選太陽ソース」というウスターソースもすごくよくて、メンチの味を引き立たせるまろやかな舌触りに、すっかり虜(とりこ)になりました。

肉の味がガツンとくる「パテ・ド・カンパーニュ」

ランチに感激したあまり、次はディナーで思う存分アラカルトを満喫すべく再度、訪れました。僕は、コース料理を注文するより、アラカルトで頼みます。自由に選ぶ楽しみがあるから。

必ず最初に頼むのが「パテ・ド・カンパーニュ」。豚肉や鶏レバーのミンチを固めて焼き上げたもので、使う肉やスパイスの種類や量によってシェフの個性が髄所に光る“お店の顔”とも言えるでしょう。

奥に見えるのが「パテ・ド・カンパーニュ」

こちらのパテは、肉の味をガツンと効かせた正統派。塩加減も絶妙で、酒飲みの胃袋をつかんで離しません。早くも、白ワインがぐいぐい進みます。

店名の「フリッツ」は、「揚げ物」に由来しているんでしょうね。僕はふだん、あまり揚げ物を食べないけれど、こちらでは「アワビコロッケ」(1個3800円、要予約)をはじめ、名物のフライをいくつか注文しました。

特に印象的だったのが、ロースとんかつ(2200円)。肉厚のロースは柔らかく、中心は鮮やかなロゼ色に染まり、丁寧な火入れの様子がうかがえます。とんかつはソースではなく、ぜひ塩で食べるのがおススメ。ロースの脂に塩を強めにかけて噛むと、口の中で肉の甘味がじゅわっと溶け出し、言葉にできないウマさ!ビールではなく、赤ワインがよく合います。赤も白も、国内外のワインのラインナップが豊富なのもありがたい。

とんかつをみんなでシェアしながら、あれこれフライを食べても、胃もたれや胸焼けは全くナシ。安心して、他の一品料理に手が伸びます。

断面が鮮やかなロゼ色の「ロースとんかつ」
次のページ
〆は、カレーで...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。7月16日発売の8月号では、夏の食の風物詩「う…