SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

旬の食材は食べて美味しいだけではなく、栄養もたっぷり。本コーナーでは魚や野菜、果物など旬食材の魅力をご紹介します。

さて、今回のテーマとなる食材は?

文/おと週Web編集部、画像/写真AC

【今月の旬食材は?】いま1年で最も旨い食材

■クイズの答えは……

正解:はたはた

難易度:★★★☆☆

ぷちぷちとした卵の食感は格別!

はたはたはスズキ目ハタハタ科に属し、体長は20cmほどの比較的小ぶりな魚です。見た目の特徴は、上向きの目と極端な受け口、独特のまだら模様。なんと、うろこがないという珍しい魚です。

旬は一般的には11月から1月にかけてと言われていますが、これは秋田県や北海道で水揚げされるもので、この時期のはたはたは「ぶりこ」と呼ばれる卵を携えたものとなります。また、他の時期に水揚げされるものよりもサイズが大きめです。

ぶりこのぷちぷちとした食感は格別で、特に、煮つけで食べるとぶりこの旨味と食感を堪能することができます。また、新鮮なものは刺身として食べることもできます。

はたはたといえば秋田と思われがちですが、実は漁獲量が最も多いのは兵庫。次いで鳥取となっています。その兵庫や鳥取などでは2月から5月あたりが旬とされています。

秋田で水揚げされるものとは異なり、卵は持っていないものの、その分、身の締まりが良く、脂がのっていて旨味が強いと言われています。卵を携えていないはたはたは「しろはた」と呼ばれています。はたはたの唐あげは兵庫県但馬地域の郷土料理として農林水産省のHPでも紹介されているほど、兵庫ではポピュラーな魚なのです。

いっぽうの秋田のはたはたを使った郷土料理として紹介されているのは「はたはた寿司」です。

唐揚げ、鍋、煮つけ、干物など、さまざまな料理に使用されますが、秋田ではしょっつる(塩汁)と呼ばれる魚醤の原料としても使用されています。

美味しいはたはたの見分け方

はたはたを漁獲地以外で手に入れることは難しいのですが、もし見かけた場合は、体表のぬめりの状態を確認しましょう。はたはたは独特のぬめり成分を常に分泌しているため、新鮮なものはぬめりがたっぷり残っているのです。

はたはたの注目栄養素

はたはたは淡泊な白身魚ですが、血液サラサラ効果があるDHAやEPAなどのオメガ3脂肪酸を豊富に含んでいます。

他に、粘膜強化、美肌効果のあるビタミンA、免疫力向上をサポートするビタミンEなど、健康維持に欠かせない栄養素がとれるヘルシーな魚です。

【今月の旬食材は?】いま1年で最も旨い食材

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

旨さ鮮烈。しみわたる一杯 至極のラーメン 着丼とともに鼻孔をくすぐるスープの香り、ひと口飲めば身体の...