SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

新横浜ラーメン博物館(横浜市)は、30周年を迎える2024年へ向けた取り組みとして、過去に出店した約40店舗が2年間かけて3週間のリレー形式で出店するプロジェクト「あの銘店をもう一度」を2022年7月1日から始めています。このプロジェクトにあわせ、店舗を紹介する記事の連載も同時に進行中。新横浜ラーメン博物館の協力を得て、「おとなの週末Web」でも掲載します。

第2弾は、福島・会津「牛乳屋食堂」です。

歴代店主は四代全て女性

店舗名:福島・会津「牛乳屋食堂」
住所:福島県会津若松市大戸町上三寄香塩343
電話:0242-92-2512
営業時間:11時~15時、17時~20時
定休日:水曜日
創業:昭和元年頃
創業者:井上キヨノ、二代目:井上トキ子、三代目:井上節子、四代目:井上美紀

・過去のラー博出店期間
2009年3月6日~2010年2月28日

岩岡洋志・新横浜ラーメン博物館館長のコメント

「『ふるさとラーメン』というシリーズでご出店いただきました。ラーメンとかつ丼という食堂文化が面白いのと、当時ですでに創業80余年であるという点、そして何よりも地元に根付いているということでお声がけさせていただきました」

牛乳屋食堂の歴史 牛乳屋なのにラーメン?

昭和初期の「牛乳屋食堂」外観

年号が大正から昭和へと移りゆく時代。会津鉄道芦ノ牧温泉駅(旧:国鉄上三寄駅)に鉄道が開通することになり、馬車宿を営んでいた井上幸美じいちゃんとキヨノばあちゃんが二人で駅前に「牛乳屋」さんをはじめました。

鉄道の開通に伴い、駅には多くの人々が集まっていたことから、初代となるキヨノばあちゃんが、当時隣に住んでいた中国人から本場の「支那そば」の技術を学び、ラーメン屋さんを開いたのが「牛乳屋食堂」のはじまりです。

牛乳屋からスタートしたことから屋号が牛乳屋食堂となりました。牛乳屋食堂の特徴として店主は四代全て女性であるという点です。

「牛乳屋食堂」の歴代女性店主

次のページ
会津ラーメンの特徴とは...
1 2 3

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

旨さ鮮烈。しみわたる一杯 至極のラーメン 着丼とともに鼻孔をくすぐるスープの香り、ひと口飲めば身体の...