SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

新横浜ラーメン博物館(横浜市)は、30周年を迎える2024年へ向けた取り組みとして、過去に出店した約40店舗が2年間かけ、3週間のリレー形式で出店するプロジェクト「あの銘店をもう一度」が2022年7月1日から始まっています。このプロジェクトにあわせ、店舗を紹介する記事の連載も同時に進行中。新横浜ラーメン博物館の協力を得て、「おとなの週末Web」でも掲載します。

第1弾は、和歌山の「井出商店」です。

歴代店舗はどのように選んだのか~当館の誘致基準~

1994年3月6日の新横浜ラーメン博物館創業時、全国にどのようなラーメンが存在するのだろう?というワクワク感を持ち、そして実際に10,000店以上食べ歩き、取材をし、私たちなりの紹介の基準が生まれました。

日本という国は縦長の島国で、四季や風土・気候によって異なった食文化が存在します。郷土料理などはその例で、ラーメンも同じように郷土色を持っていると私たちは感じました。そして私たちはそのさまざまな地域において地元に根付き、その地域でさまざまな影響を与え、長い間支持されているお店を中心に皆様にご紹介していくことで、各地域に様々なラーメンがあるということを伝えたい、そして私たちが食べ歩いて感じた驚きや感動、ワクワク感をお届けしたいと思ったのです。

【国内店舗:ご当地ラーメン】
ラーメンを郷土料理(ご当地ラーメン)と位置づけ、地元に根付き、長い間支持され、今なお繁盛しているお店を中心に誘致・紹介をしています。
※ご当地ラーメンとは自然発生的に誕生した地域の繁盛店から、独立・あやかったお店が増え、その地域に同じ特徴の味が多く存在する食文化を指します。

【海外店舗:逆輸入ラーメン】
海外は日本とは違い、ラーメンを作る環境が整っていない中、知恵と工夫により日本では生み出せないラーメンが誕生しており、その味と志を紹介しています。逆輸入ラーメンは、日本にお店がないことが前提です。

※原則は上記の3点が誘致基準ですが、新しいこだわりを提案し、ラーメン業界に影響を与えたお店・人や、将来を見据えた上で行なう企画店(新ご当地創生計画や復興支援やラーメン登竜門等)も実施しています。

これらの基準をもとに「全国各地のラーメンを飛行機に乗らずに食べに行ける」という私どものコンセプトに則り、本店及びその周辺しかないお店を紹介して参りました。

井出商店 ~ご当地ラーメンブームの火付け役~

これらの誘致基準をもとに、「井出商店」は、和歌山ラーメンの主流である濃厚豚骨醤油ラーメン「井出系」のルーツという歴史的側面から「国内店舗 ご当地ラーメン」としてお声がけすることとなりました。

1998年10月1日、当館に井出商店がオープンしました。今でこそ和歌山ラーメンは知られている存在ですが、当時は各地域にご当地ラーメンがあるということすらあまり知られておらず、和歌山のイメージは「みかん」や「梅干し」くらいでラーメンを連想する人は皆無でした。

そのような中、オープンするや初日から大行列となり、期間終了までの238日間、一度も列が切れることがない大ブレークを果たしました。そして当館だけでなく和歌山の本店にもメディアが殺到するなど、社会現象といっても過言ではない和歌山ラーメンブームが巻き起こりました。この和歌山ラーメンブームを皮切りに、その後に訪れるご当地ラーメンブームへと繋がっていくのです。

ラー博史に残る伝説のラーメン店

30周年企画「あの銘店をもう一度」のオープニングを飾るのは、和歌山の銘店「井出商店」。

同店は、ご当地ラーメンブームの火付け役であり、今もなお塗り替えられる事のない数々のラー博記録を叩き出した、ラー博史に残る伝説のラーメン店です。そのような背景からも、ラー博30年の集大成といえる当企画のトップバッターにふさわしいラーメン店と考えております。

店舗名:和歌山「井出商店」
住所:和歌山県和歌山市田中町4-84
電話:073-424-1689
営業時間:11時半~23時半
定休日:木曜日 
創業:昭和28年(1953年)7月
創業者:井出つや子、二代目:井出紀生

・過去のラー博出店期間
(1)1998年10月1日~1999年5月30日(期間限定店)
(2)2003年3月18日~2011年12月25日(ラー博史上初の再出店)

1998年、新横浜ラーメン博物館出店時の「井出商店」外観

岩岡洋志・新横浜ラーメン博物館館長のコメント

「最初のご出店は知られざるご当地ラーメンとしてご紹介させていただきました。車庫前系と井出系がある中で、発祥のお店であり地元での認知度も含めて井出商店しかないと思い、お声がけさせていただきました」

次のページ
井出商店の歴史 女手一本で創ったトンコツ...
1 2 3

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

旨さ鮮烈。しみわたる一杯 至極のラーメン 着丼とともに鼻孔をくすぐるスープの香り、ひと口飲めば身体の...