×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

日常にはさまざまな漢字が溢れています。それは生活にうるおいや豊かさをもたらす「食」の分野でも顕著。食べ物にまつわる漢字を知れば、それはそのまま普段の生活がより彩り豊かで楽しいものになるはず。

本コーナーでは「あれ、これどう読むんだっけ?」と思ってしまうような、忘れがちな難読漢字をお届けします。漢字を覚えて食生活を豊かにしよう!! 正解が分かった方は、ぜひこの食べ物との思い出を一緒に呟いてください!!!!

文、画像/おと週Web編集部

【写真ギャラリーで読み方を当てよう】何問わかる? 過去に出題された難読漢字クイズに挑戦!!

難易度:★★★★☆

■難読漢字、食べ物編の正解はこちら

正解:アイナメ

よくある間違い:アユギョメ

アイナメは鮎魚女の他に、「鮎並」、「愛魚女」と表記されることもあります。カサゴ目アイナメ科に属する魚ですが、カサゴとは異なり、ヒレにはトゲが付いていません。

海に棲む魚であるにもかかわらず、川魚の鮎という漢字が当てられているのは、体表が鮎のようにヌメリが強いことからと言われています。他に、鮎のように縄張り意識の強い魚だからなど、諸説あります。

古くから日本では食用とされていた魚で、地方によってさまざまな名前で呼ばれています。よく知られているのは、アブラコ(北海道)、アブラメ(東北、関西など)です。これらは、脂がのった魚ということで名づけられたと言われています。

【写真ギャラリーで読み方を当てよう】何問わかる? 過去に出題された難読漢字クイズに挑戦!!

関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。7月16日発売の8月号では、夏の食の風物詩「う…