SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

11月上旬に漁が解禁され、3月下旬までシーズンを迎える冬の味覚・カニ。せっかく食べるなら産地で食べたい。ということで向かったのが、日本海有数のカニの産地・新潟県。新潟駅を拠点に、漁場の豊富な日本海に面する寺泊の市場通りや、日本海側最大級のベニズワイガニ直売所のある能生でカニを食べまくりました!しかし、『おとなの週末』取材班に課せられたのは食事代3万3000円以内でおさめよ。無事ミッションを達成できるのか!?

【1日目】立派過ぎるカニ脚にカニ味噌がたまらん……

上越新幹線で東京から2時間弱。カニ三昧の旅のスタートは、新潟駅からすぐ、『カニカニランド』だ。活ガニを丸ごと堪能できる本格蟹会席の店。生簀から自らカニを選択。待つことしばし、きれいに花の咲いた見事なカニ脚の刺身にいきなりハートを掴まれる。

『カニカニランド』 活ガニを丸ごと堪能できる本格蟹会席の店

醤油を少々、ガブリといけば、プリリとジューシー。口中にカニの甘みと香りが溢れてくる。さらに炭火にのせて焼きガニ。甲羅でクツクツ湯気の立つかにみそに先ほどのカニ脚をつけて食べれば、う~む、何だよこれは、シアワセ過ぎ。ハフハフ甘い焼きガニと新潟の地酒の相性も抜群で、早くもヤバいぞ。

【夜】

『カニカニランド』 @新潟市

生簀から自分で選んだ活ガニを贅沢に堪能!

2022年1月に開店。こちらには絶好の漁場佐渡近海や新潟山北などから新鮮な本ズワイが届く。自ら生簀で選び、会席のコースとセットで楽しめる。氷水で締めたみずみずしいカニ脚の刺身よし、炭火での焼きガニでも、茹でカニでもよし。ほぐし身がこれでもかのカニ釜飯も絶品。カニはいろいろな食べ方で味わえる

活蟹一杯 1万6500円~

『カニカニランド』活蟹一杯 1万6500円~ ※今回の本ズワイ 2万7500円(2人の場合÷2で1人前)
『カニカニランド』

[住所]新潟県新潟市中央区天神1-12-7 LEXN1 1階
[電話]025-384-0120
[営業時間]11時~14時、17時~22時
[休日]月
[交通]JR新潟駅南口から徒歩3分

次のページ
『魚の市場通り』(魚のアメ横) @長岡市...
icon-next-galary
1 2 3icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…