MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
東京都内の美味しい「たまごサンド」おすすめ9選!

東京都内の美味しい「たまごサンド」おすすめ9選!

定番人気のたまごサンドは、ダシ巻き系、オムレツ系、定番の卵サラダ系と進化しています。競争率の激しい東京都内でも、卵の味付けやサンドするパンにこだわった、屈指の人気を誇るタマゴサンドのお店をご紹介します。

perm_media 《画像ギャラリー》東京都内の美味しい「たまごサンド」おすすめ9選!の画像をチェック! navigate_next

はじめに

色々な具をお好みで挟んで食べられるサンドイッチ。中でも定番で根強い人気なのがたまごサンドです。そんなたまごサンドも、今やダシ巻き系、オムレツ系、定番の卵サラダ系と進化しています。
東京都内だけでも、喫茶店や洋食店、サンドイッチ専門店など老舗から新店舗まで、タマゴサンドを扱うお店がたくさんあります。そんな中から、人気のタマゴサンドのお店をご紹介します。これなら、お土産としても喜ばれますよ!

ダシ巻き系、オムレツ系、定番系も「たまごサンド」百花繚乱!

分厚く焼かれたダシ巻き卵やオムレツ入りサンドを出すお店が急増中です。ふんわりと優しいその味わいは幸せの味。もちろん忘れちゃいけない、昔ながらの卵サラダをはさんだ定番の味もご紹介。さぁ、どれから頬張りましょうか。

〇ダシ巻き系「たまごサンド」
ダシ巻きとひと口にいっても、寿司屋で食べるような甘~い味から、塩気の利いたものまで十人十色。和風ダシと卵とパン、三位一体となった味わいは格別!

〇オムレツ系「たまごサンド」
魅力は卵のふんわり感と香ばしい風味。口の中であっという間に溶けていくあまりに軽やかなその味わい、何度でも体験したくなるはず。

〇定番系「たまごサンド」
茹で卵を潰してマヨネーズで和えた 卵サラダ”が入ったお馴染みの味。和の素材を入れた新しい味も続々と登場しています!

【ダシ巻き系】CAMELBACK sandwich&espresso(代々木公園駅)

寿司職人として修業した成瀬さんとバリスタの鈴木さんがオープンさせたサンドイッチとコーヒーの店。5.5坪の小さな店から生み出される絶品サンドを求めて毎日行列ができる。ここの人気商品のひとつが「すしやの玉子サンド」。

写真:すしやの玉子サンド380円

職人技が光る繊細な卵焼き!絶妙な火加減で焼きあげる!

▲『CAMELBACK sandwich&espresso』外観

サンドイッチとコーヒーが楽しめるお店は、絶品サンドを買うために毎日行列ができます。人気の「すしやの玉子サンド」は、寿司職人として修業を重ねた成瀬さんが、丁寧に焼いたダシ巻きを使っているのが特徴です。
良質な卵にマグロ節から取ったダシなどを加えた甘めの味付けです。「カタネベーカリー」のコッペパンでサンドしてあり、和がらしとの相性抜群。バリスタの鈴木さんが作る本格エスプレッソと一緒に味わいたい一品。

[住所]東京都渋谷区神山町42-2 1階 [TEL]03-6407-0069 [営業時間]10時~19時 ※ランチタイム有  [休日]月(祝日の場合は営業、翌火休)/イートインスペースなし/カード不可 [アクセス]地下鉄千代田線代々木公園駅2番出口から徒歩7分

【ダシ巻き系】日本橋だし場 はなれ(三越前駅)

ダシの旨みを活かした料理を様々なスタイルで提案。「自家製玉子焼きサンド御膳」に使われる厚焼き卵は、カツオダシの水分が残るように強火で焼き上げられており、口にするとじゅわっとダシの風味がしみ出る。

写真:自家製玉子焼きサンド御膳880円

▲『日本橋だし場 はなれ』外観

「鰹節専門店にんべん」が三百年以上培ってきただしの旨味を活かし、洋風から和風まで様々なスタイルの料理を提案。
ここでティータイムの14時~17時の間しか味わえない人気メニューが「自家製卵焼きサンド御膳」です。カツオダシの水分が残るよう強火で焼き上げた厚焼き卵はじゅわっとダシがしみ出るジューシーな味わい。
白ダシや本枯カツオ節を使ったポテトサラダ、和風ミネストローネなどがセットになった大満足のメニューです。

[住所]東京都中央区日本橋室町2-3-1 コレド室町2 1階 [TEL]03-5205-8704 [営業時間]ランチ11時~14時、ティータイム14時~17時、ディナータイム17時~23時(22時LO) ※ランチタイム有  [休日]不定休(コレド室町2に準ずる) [座席]カウンター席あり、49席/全席禁煙/予約 ディナータイムのみ可/カード可/サなし [アクセス]地下鉄銀座線・半蔵門線三越前駅A6出口から徒歩1分

【ダシ巻き系】割烹 船生(本所吾妻橋駅)

「なだ万」などで修業した主人の船生宜之さんが、以前、コース料理の〆として出していたもの。カツオと昆布のダシ巻き卵をはさみ、マヨネーズと合わせてホットサンド風に。

写真:だし巻き卵サンド 800円

割烹料理のお店が出すたまごサンドはちょっとしたお土産としても品がよくて重宝します。日本料理の老舗「なだ万」で修業した御主人の船生さんが、コースの〆として出していたこのたまごサンドは、昆布とカツオのダシ巻き卵をマヨネーズと合わせてホットサンド風に仕上げてあります。
ダシとマヨネーズのまろやかさに、黒コショウのアクセントが効いたクセになる美味しさ。テイクアウト、贈答用の重箱入りは前日までの要予約です。

[住所]東京都墨田区東駒形3-5-6 千葉ビル1階 [TEL]03-6312-7055 [営業時間]18時~22時LO [休日]日・祝

【ダシ巻き系】俺の Bekery&Cafe(恵比寿駅)

『俺の』シリーズの新業態店。販売する食パン三種のうち、たまごサンドに使っているのは、小麦の甘さが際立つ『俺の生食パン』。フレンチの技法を用いて焼かれた、和風ダシがかすかに香る卵焼きは厚さ2.5cmと圧巻のボリュームだ。

写真:厚焼きたまごサンドイッチ680円
1皿分に卵を4個使用した極厚サンド!

▲『俺の Bekery&Cafe』内観

「企業秘密の技法で他にはない厚さに仕上げました」

フレンチから割烹まで幅広く展開する「俺の」シリーズのカフェで一番人気のたまごサンドは、フレンチの技を使って焼き上げた和風ダシがほんのり香る厚焼き卵をサンドしてあります。
パンは、1日2000本を売り上げる俺の生食パンがさらに進化した「銀座の食パン~香~」を使用。ほんのり甘いパンにからしマヨネーズと、存在感抜群の厚さ2.5cmの卵焼きがプリンのように滑らかで、ぺろりと食べられる極上の味わいです。

[住所]東京都渋谷区恵比寿4-20-6 恵比寿ガーデンプレイス時計広場 [TEL]03-6277-0457 [営業時間]カフェ:8時~21時(20時LO)、食パンの販売:10時~21時(なくなり次第終了) ※ランチタイム有  [休日]不定休 [座席]店内テーブル32席、テラス席テーブル49席/全席禁煙/予約不可/カード可/サなし [アクセス]JR恵比寿駅東口から「恵比寿スカイウォーク」で徒歩5分

【オムレツ系】レストラン 香味屋(入谷駅)

入谷で大正14年創業の老舗洋食店「レストラン香味屋」の『タマゴサンド』は、強火と遠火を駆使した火加減の妙技が冴えるスクランブルエッグが身上。見事なのはスクランブルエッグの量と、専門店に発注する1.1cmの薄切りパンとの計算し尽されたバランスだ。

写真:タマゴサンド1150円
口の中でとろけていく極上食感。

▲『レストラン 香味屋』内観

「パンの食感を大事にしながら具を作っています」

基本を忘れず守り続けることをモットーにする、大正14年創業の老舗洋食店では、白を基調とした品のよい空間で食事を楽しめます。洋食店が作るタマゴサンドは、強火と遠火の火加減を駆使したスクランブルエッグがポイント。
ふわふわの卵とバターの風味が一体となり、専門店に発注する1.1cmの薄切りパンでサンドすることで絶妙なバランスのタマゴサンドが完成します。口に入れると溶けてなくなる魅惑のサンドは、食べやすいサイズなのも嬉しいですね。

[住所]東京都台東区根岸3-18-18 [TEL]03-3873-2116 [営業時間]11時半~22時(20時半LO) ※ランチタイム有  [休日]水(祝日の場合は翌日、木曜) [座席]テーブル88席 全席禁煙/予約可/カード可/サなし [アクセス]地下鉄日比谷線入谷駅三ノ輪口(4番)から徒歩3分

【オムレツ系】NEW YORK WITCHES(新宿駅)

新宿・歌舞伎町界隈でリピーター続出なのが、卵焼きのカツがサンドされた斬新な『タマゴカツサンド』。タマゴカツの衣はサクサク、和風ダシがほんのり香る卵焼きはフワッとし、そのコントラストは未知なる食感。

写真:タマゴカツサンド850円

▲『NEW YORK WITCHES』内観

「サクッとした衣とフワフワの卵を味わって」

こだわりぬいた新鮮食材と長期熟成がコンセプトの高級サンドイッチ専門店で堂々の1位に輝いているのが、「タマゴカツサンド」です。新宿・歌舞伎町界隈でリピーター続出のサンドイッチは、卵焼きをカツにした斬新な具が話題。和風ダシが香るふわっとした卵焼きに反して衣はサクサクで、そのコントラストが楽しい食感です。
低温長時間熟成のパンに、生クリームと調味料をブレンドした甘めの特性ソースと絡み合い、思わずうなるおいしさです。

[住所]東京都新宿区歌舞伎町2-38-8 八潮会館3階 [TEL]03-3200-8686 [営業時間]19時~翌5時(4時45分LO) [休日]日 [座席]テーブル12席/全席喫煙/予約可/カード可/サ300円(ラスクのサービスつき) [アクセス]西武新宿線西武新宿駅北口から徒歩6分

【定番系】Wa’s sandwich(新宿駅)

あふれそうなくらい具の詰まったサンドイッチ。常時15種ほどが販売されており、そのどれもが、ダシ、味噌、醤油などを使用し、どこか懐かしさを感じる味付けだ。

写真:煮たまごサンド500円

▲『Wa’s sandwich』外観

「洋食と和風調味料の融合で絶妙な味わいに」

ダシ、味噌、醤油で味付けにこだわる、和テイストのサンドイッチ専門店では、常時15種類ほどのサンドイッチが販売されています。一番人気の「煮たまごサンド」は一見普通のたまごサンドですが、食べてみるとカツオと昆布ダシがふわっと香り、マヨネーズと卵のまろやかさも相まってコクのあるおいしさです。
やはり日本人にはダシや醤油が幸せの味。「Wa’s和卵ミックス」で、煮たまごとダシ巻きの2種類の味の違いを楽しむこともできます。

[住所]東京都渋谷区千駄谷5-24-55 NEWoMan SHINJUKU2階 エキナカ [TEL]03-5366-5725 [営業時間]8時~22時、土・日・祝8時~21時半 ※ランチタイム有 ※ランチタイム有  [休日]無休/イートインスペースなし/パンの電話予約可/カード可 [アクセス]JR新宿駅ミライナタワー改札内

【定番系】みやざわ(銀座駅)

銀座の一角で50年以上営まれる洋食店の、昔ながらの味が魅力の『たまごサンド』。滑らかな黄身と、大きめに残された白身の異なる食感が味わえる卵サラダは、マヨネーズで固めにまとめているのが特徴だ。

写真:たまごサンド850円

▲『みやざわ』内観

「ビールなどお酒との相性もいいですよ」

銀座で朝方まで営業している洋食店で作られる、手土産としても喜ばれる「たまごサンド」は、滑らかな黄身とスライサーでカットした大きめでぷりぷりの白身の食感が楽しい卵サラダをサンド。マヨネーズでちょっと固めにまとめてあり、しっかりした塩味が人気です。
食べやすい一口サイズにカットされたサンドイッチはからしバターの風味で意外にもお酒との相性ばっちりです。50年以上も営まれる名店の、どこか懐かしい味をご賞味あれ。

[住所]東京都中央区銀座8-5-25 [TEL]03-3571-0169 [営業時間]11時半~翌4時、ランチは11時半~14時半、たまごサンドは16時~テイクアウト可 ※ランチタイム有  [休日]土・日・祝 [座席]テーブル35席/全席喫煙/予約不可/カード不可/サなし [アクセス]地下鉄銀座線ほか銀座駅B7出口から徒歩6分

【定番系】柳島カフェ(押上駅)

スカイツリー周辺のカフェ「柳島カフェ」のおすすめメニューのグルメ取材記事と写真のページ。スカイツリー近くの静かな住宅街の一角にあるカフェで提供される『たまごサンド』。まず、コッペパンの美味しさに驚く。

写真:たまごサンド580円
「ひとつ食べればお腹いっぱいのボリュームです」

▲『柳島カフェ』内観

スカイツリー近くの静かな住宅街に佇むカフェは町で暮らす人たちの憩いの場になるようにと、お洒落で温かい雰囲気のお店です。ここの「たまごサンド」は余分な甘さのないコッペパンが、程よい塩味の卵サラダを引きたてていて美味。コッペパンは軽くトーストされていて、外はカリッとしているのに中はモチッとした食感です。
柔らかめの卵サラダに野菜もたっぷり入り、長さ20cm、高さ7cmとこれ1つでお腹いっぱいの幸せなサンドイッチです。

[住所]東京都墨田区横川5-10-1プリメール柳島101 [TEL]03-6240-4731 [営業時間]9時~19時(18時半LO) ※ランチタイム有  [休日]火 [座席]テーブル15席、カウンター5席、全20席/分煙(ランチタイム11時~14時は全席禁煙)/予約可(食事の場合)/カード不可/サなし [アクセス]地下鉄半蔵門線・都営浅草線押上駅B1出口から徒歩8分

おわりに

たかがタマゴサンドと侮ることなかれ。こだわりぬいて作ったそれぞれのお店の自信のタマゴサンドは一度はまるとクセになりますので、気になる店舗にはぜひ足を運んでみてください。ダシ巻きやオムレツ系など、味の違いを楽しんで、お気に入りのサンドイッチを見つけてくださいね。行列ができたり予約が殺到するほどのタマゴサンド、ぜひ一度ご賞味ください。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連するキーワード
関連記事
最近巷をにぎわせている飲料と言えば、クラフトコーラ、レモンサワーにノンアルビール&サワー。評判の店に行ったり、飲み比べをしたりで、それらの評判に偽りなし!なのかどうかを確かめてみました!
あったか〜いご飯に、卵をのせ、醤油をまわしかけ、かっこむ。言ってしまえばそれだけの卵かけご飯。でもそれが美味しくて、今ではTKGと呼ばれるほどの人気メニューに。各店の個性も出てきて、様々な店で食べるのも楽しいです。そんなTKGのオススメ店5軒をご紹介!
冬の味覚で名前が挙がるものといえば「牡蠣」。生でも焼きでもフライでも、どのように調理しても美味しくいただけます。ここでは、「おとなの週末」で紹介した三ツ星店から5軒ご紹介します!
調理パンの王様的存在は何といってもカレーパンでしょう。揚げた生地のサクサクした食感に、ねっとりとした濃厚な具材の調和が食欲をそそります。 スパイシーな香り、食べた満足感……。「おとなの週末」が選ぶ東京都内で激ウマなカレーパンが食べられるお店はココだ!
寒さが身に染みる真冬は一杯のラーメンが恋しいもの。醤油に塩、味噌、とんこつ……。数あるジャンルの中から選ぶとしたら、この時期は辛さがじんわりとカラダを温めてくれる「担々麺」ではないでしょうか。名店が集う激戦区の東京から5店を紹介します!
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル