MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
ビブグルマンに2年連続掲載、東銀座『三ぶん』のお店|離亭 三ぶん(郷土料理/東銀座)

ビブグルマンに2年連続掲載、東銀座『三ぶん』のお店|離亭 三ぶん(郷土料理/東銀座)

ビブグルマンに2年連続で掲載された、東銀座の立ち飲み『三ぶん』が、着席スタイルの『離亭』をオープンした。こちらのランチメニューは「りゅうきゅう丼御膳」の1本勝負。

離亭 三ぶん(最寄駅:東銀座駅)

極上の天然魚を使った大分郷土料理を丼で!絶品小鉢もつく御膳

“りゅうきゅう”とは大分県の郷土料理で、江戸前でいうところの“ヅケ”。天然モノの刺身を日替わりで2種類用意し(この日はカツオとヒラマサ)、たまり醤油を使った濃厚な醤油ダレと和えてから、たっぷりの薬味と共にご飯に乗せている。刺身はどちらか1種類でもハーフ&ハーフでも注文できるのがうれしいトコロ。まずはそのまま堪能したら、次はマグロ節と昆布で取ったすっきりとした旨みのダシをかけて熱々を召し上がれ! 御膳に付く2種類の小鉢も細部にまで職人の技が行き届いた繊細な味わいだ。

りゅうきゅう丼御膳
1200円

2種類の小鉢は日替わりで、この日は金時草のおひたしとサワラの南蛮漬け

離亭 三ぶん

[住所]東京都中央区銀座3-11-7 石川ビル1階 [TEL]090-3202-5744 [営業時間]11時半~13時半LO、17時~22時LO、土・日・祝14時~22時LO※ランチタイム有   [休日]無休 [交通アクセス]地下鉄日比谷線ほか東銀座駅A7出口から徒歩1分

電話番号 090-3202-5744
2017年7月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
関連記事
炭火で丁寧に焼かれた名物の「銀鯖串焼き」をひと口含めば、パリッと焼かれた皮の食感の後にジュワリと脂が溢れ出す。そのあと繊細な旨みが押し寄せるが、脂はむしろサラリとしていることに驚く。
店を切り盛りするのは那覇出身の女将さん。ホワイトボードに書かれたメニューもあるけれど、旬の食材を使ったその日の「おまかせ」ですべてを委ねるのが吉。
鎌倉・大町にある山形郷土料理『ふくや』の2号店。蔵を改装したホステルの1階という、異色の立地が面白い。
2018年2月、徳島県が情報発信拠点として開業。レストラン、バー、マルシェ、宿泊施設が揃うなど、充実の内容だ。
芳醇な旨みのスープで食す博多風水炊きと宮崎の郷土料理・かご焼きを看板に、2018年5月にオープンした。使用するのは千葉県産の水郷赤鶏。
近隣の住民やビジネスマンが足繁く通う人気洋食店。メニューの豊富さと味へのこだわりが、その理由だ。例えば、このポークトマト。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。
最初に向かったのは大子町の『藤田観光りんご園』。ここには金賞を受賞した名物アップルパイがある。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt