SNSで最新情報をチェック

鳥取県といえば冬の松葉がにや日本酒が有名ですが、実は知る人ぞ知る和牛の産地でもあります。雄大な自然の中、良質な餌と水、たっぷりの愛情をかけられてすくすく育つ鳥取和牛は、いま大注目の食材。一泊二日の旅で鳥取和牛を堪能してきました。

注目の鳥取和牛を食べに鳥取県米子市へ

城下町の面影をとどめる加茂川沿いの白壁土蔵。土蔵の石段は川から荷を運ぶためのもので、あたりには趣ある桜並木が続いている
城下町の面影をとどめる加茂川沿いの白壁土蔵。土蔵の石段は川から荷を運ぶためのもので、あたりには趣ある桜並木が続いている

鳥取に絶品の和牛があるという。「なぜ鳥取で和牛?」と思うかもしれないが、実は鳥取和牛には秘めたるエピソードがあったのだ。

今でこそ鳥取の和牛飼育頭数は全国シェアわずか1%以下。しかし和牛の産地としての歴史は古く、江戸時代から一大産地として知られてきた。そこから多くのブランド和牛のルーツとなった種雄牛『気高』号を生み出した。

『気高』号のDNAを受け継ぐ鳥取和牛はオレイン酸の含有量が高く、口どけの良い脂が特長で、風味豊かで香りが良い。現在でも全国の生産者からは鳥取和牛の仔牛を求める声が高いというのもうなずける。

鳥取和牛は肉質がきめ細かく、赤身にも刺しがほどよく入るので柔らか。手前はヒレ肉、奥はウチモモ
鳥取和牛は肉質がきめ細かく、赤身にも刺しがほどよく入るので柔らか。手前はヒレ肉、奥はウチモモ

そんな和牛の里、鳥取で味わいたいのはご当地ラーメン「牛骨ラーメン」と、鳥取和牛の神髄ともいうべきステーキ。1泊2日の和牛旅に胸が膨らんでしまう。

次のページ
地元の人気店で味わうラーメンとステーキ...
1 2 3

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

話題のひと皿から行列店まで 噂の味 覆面大調査 巷で噂のあのメニューやお店、エリアなど、気になるあれ...