SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

ゴージャスで気品ある花の姿と高貴な香りから花の女王と称えられるバラが、4月下旬から開花し、5月中旬にかけて順次見頃を迎えます。美しく咲き誇るバラは、心華やぐ非日常的な空間を演出し、至福の香りで観る者を癒してくれます。「おとなの週末Web」では、ゴールデンウィークに際し、3回にわたっておススメのフォトジェニックなスポットとともに、バラを愛でる街歩きの魅力を紹介します。第2回は「東京23区」です。

「四季の香 ローズガーデン」のために作られたシンボルローズ「四季の香」。爽やかな紅茶を感じるティーの香りが楽しめる

香りの違いを楽しんでアンチエイジング!「四季の香 ローズガーデン」

「旧古河庭園」(北区)や新宿御苑(新宿区)、代々木公園(渋谷区)、都電荒川線沿線など、23区内には数多くのバラの名所が点在しています。バラが見頃を迎える時期には、都心にいながら優美な世界に酔いしれ、癒されます。

中でも多彩なバラを無料で鑑賞できるほか、栽培法も学べる穴場として注目されているのが、「四季の香(かおり)ローズガーデン」(練馬区)です。

348品種のバラが「香り」と「色彩」にそれぞれ分けられた花壇では、心地よい香りや色合いごとの美しさに目を奪われます。

特にダマスクローズやスパイシーローズといった6品種のバラを香りの違いごとに配置した「香りのローズガーデン」は、「国内でも珍しい」(同園)とのこと。バラの花をゆっくり手に取って香りをかぐことができるので、自分好みの香りを見つけたり、アンチエイジング効果も期待できそうです。

348品種のバラが出迎える「四季の香 ローズガーデン」。「香りのローズガーデン」では、リラックス&美容効果があるとされるバラの香りの違いに注目したい

4月29日(土)~5月28日(日)は、「ローズガーデンフェスティバル」を開催。期間中、バラの専門家による栽培方法や管理の仕方が学べる講習会やフォトコンテストなどのイベントも実施されるので、お見逃しなく。

【四季の香 ローズガーデン】
【住所】東京都練馬区光が丘5-2-6
【電話】03-6904-2061
【開園時間】9時~18時(「ローズガーデンフェスティバル」期間中のみ)
【休】「ローズガーデンフェスティバル」期間中のみ無休
【入園料】無料
【交通】地下鉄大江戸線光が丘駅A4出口から徒歩6分
【公式HP】https://www.shikinokaori-rose-garden.com/
 
【新苗から育てるバラの育て方講座】
【日時】5月20日(土)10時~11時半/14時~15時半
【参加費】2500円
【人数】各28名(抽選)

【バラ栽培家 入谷伸一郎先生による春バラ後の管理講座】
【日時】5月21日(日)10時~11時半/14時~15時半
【参加費】無料
【人数】各28名(抽選)
※いずれも公式サイトより申し込み。締切5月2日(火)

【春のガーデンツアー】
【日時】5月21日(日)10時~10時45分/14時~14時45分
 ※各回、先着10名、講習棟前に集合
【料金】無料

次のページ
五感で楽しむワークショップが充実「東京ガーデンテラス紀尾井町...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

中島幸恵
中島幸恵

中島幸恵

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…