SNSで最新情報をチェック

ビブグルマンに輝くシェフが両親の味を受け継ぐ

福岡市中央区天神の中央郵便局近く、イオンとミーナ天神の間の道沿いに、2022年夏にオープンした『田川洋食 黄ごん焼き あにおん』

のれんが目印の店舗入り口
のれんが目印の店舗入り口

かつて、筑豊の田川市で人気が高かった「黄ごん焼き」というメニューを看板にする洋食店だ。黄ごん焼きというのは、鶏のモモ肉に小麦粉を振って、卵をくぐらせて焼き、デミグラスソースをかけた洋食メニュー。

1976年、筑豊の田川・後藤寺に開店した洋食店『アニオン』の一番人気だった料理で、地元の人々に愛されながら2015年に閉店してしまった後も、この味を恋しく思っている田川市民は少なくない。その味を、福岡市の多くの人に楽しんでほしいとオープンした。

メニュー表に書かれた「黄ごん焼き」の文字
メニュー表に書かれた「黄ごん焼き」の文字

オーナーシェフの本田フトシさんは、フレンチのシェフで、新店から徒歩5分くらいのところで『アニオン』というビストロを営業している。ミシュランのビブグルマンにも輝いた人気店だ。

田川市で『アニオン』を営んでいた本田トミオ、トミコ夫妻は、本田シェフの実の両親である。だから、2008年にシェフが福岡市で『アニオン』という名前のレストランをオープンすると知った田川の人々は、口々に「その店で、黄ごん焼きは食べられると?」とたずねた。それくらい、田川の人にとって、『アニオン』イコール「黄ごん焼き」と言っても過言でないくらい愛されていた料理なのだ。

残念ながら、本田シェフは正統派のフレンチシェフで、黄ごん焼きは出さない。当時は、福岡のビストロで、両親の店の名前だけでも残したいという気持ちだった。

しかし数年前、コロナ禍でランチ営業をした時期があった。メニューを考えた時に、浮かんだのが黄ごん焼きだった。思いがけない黄ごん焼きの復活を知った客は喜び、田川からもわざわざ足を運んでくれた

本田シェフにとって、実際に黄ごん焼きを提供するにあたり、課題もいろいろ見つかったらしい。本格的に黄ごん焼きを再開するなら、ビストロとの共存は難しいということで、新店舗探しから始まった

次のページ
ゆったりした空間で田川の魅力も感じられる...
icon-next-galary
1 2 3icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

牛島千絵美
牛島千絵美

牛島千絵美

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…