SNSで最新情報をチェック

天国への、もとい、マデイラの入り口

外堀通りに面した銀座六丁目のとあるビルの3階にその店はある。日本における最大のマデイラ情報発信基地ともいえるマデイラワインバー。3年ものからなんと1850年ヴィンテージ(!)に至るまで、200種類のマデイラワインを、すべてグラスで楽しめる『マデイラ エントラーダ』だ。

さまざまなマデイラワインが並ぶ
さまざまなマデイラワインが並ぶ

先日のポルトガルワイン試飲会でもお世話になった佐藤岳さんが店長。いろんなマデイラをグラスで楽しめるのはもちろん、こちらでは、品種や熟成年数、メーカー違いなど、いろんな形で比較試飲ができる“味わいセット”があったり、フードペアリングの体感セットなどもあり。マデイラワインの魅力のさらなるディテールにハマっていくにはピッタリなのだ。

マデイラが抜栓しても長期保存できるわけ

早速比較試飲に行きたいところなのだが、せっかくなので前回の宿題をひとつ。マデイラワインは一度抜栓しても味わいはほぼ変化せず、一度に飲み切る必要がないという話をしたけど、それはなぜなのか。

その理由は、マデイラ独自の製法にある。酒精強化(アルコール添加※前回参照)によって発酵を止めたあと、マデイラでは“加熱熟成”させる。これが最大のポイントだ。

通常はワインの大敵である熱を加えることで、意図的にワインの酸化と酸度、糖度、アルコール度数を凝縮させる。色調も琥珀色に変化し、熟成とともにドライフルーツやスパイスなどブーケ(第3アロマ)も出てくる。こうして独自の風味を持つ美酒ができあがるというわけだ。

抜栓後に劣化の心配がないのは、通常のワインと違い、すでに酸化されているためだ。だが利点はそれだけではない。同じ理由で、他のワインに比べて圧倒的にオールド・ヴィンテージが豊富で、しかもおいしく飲めてしまうのだ。

100年以上前のワインも現存し、しかもほかのワインに比べればずっと割安で飲めてしまう。そんな楽しみがあるのもマデイラならではだ。

次のページ
甘みと酸味のバランスをじっくり比較試飲...
icon-next-galary
1 2 3icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

池田一郎
池田一郎

池田一郎

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…