MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
撮り鉄の「食」の思い出(20) 冬の秋田新幹線で、雪の中を走るE6系と……ジャンボうさぎ……鍋/2018年

撮り鉄の「食」の思い出(20) 冬の秋田新幹線で、雪の中を走るE6系と……ジャンボうさぎ……鍋/2018年

2017〜2018シーズンの雪はすごかった! というわけで、雪の中を疾走する赤い新幹線こまちを撮影しに秋田県の中仙市を訪れました。待っていたのは、ジャンボうさぎ。そしてて、うさぎの肉……どうでしょう……?

perm_media 《画像ギャラリー》撮り鉄の「食」の思い出(20) 冬の秋田新幹線で、雪の中を走るE6系と……ジャンボうさぎ……鍋/2018年の画像をチェック! navigate_next

冬の秋田新幹線で、雪の中を走るE6系と……ジャンボうさぎ……鍋/2018年


2017〜2018シーズンの雪はすごかったですね。

道は寸断、鉄道にも被害が出て、たいへんな年でした。

いちばんではないのですが、そこそこの寒波が来ているときに東北の雪撮影に行ってきました。

途中で撮影をしたのは、岩手県の盛岡駅と秋田駅を結ぶ秋田新幹線、新幹線こまちが走ります。


[雪の中の赤い新幹線こまちはカッコいい! 雪がたいへんでも、がんばって撮ります!]


まあ、何がたいへんかと言えば、計画していた撮影地にまったく近づけないんです。

さらさらとした雪がたっぷり積もって、カンジキをはいても腰まで沈み、ちょっとした場所でも撮影ポイントに行き着けません。

車で回るものの、次々とNGパターン……。

寂しくも、遠くを、撮影できない新幹線が走り去って行きます。

[雪煙を上げて走る新幹線は躍動感いっぱい]



それでもなんとか撮れる場所を見つけて撮影を続行します。

さすがの新幹線! 

この程度の雪ならば定時運転です。

やっぱり日本の鉄道はすごいですね。

[雪をまとって走る姿を見ていると来てよかったと思います]

ここからが今回の本題。ジャンボうさぎのお話です!


さて、撮影がひと段落したところで、道の駅で休憩です。

桜で有名な角館と、夏の花火の大曲の中間くらいにある『道の駅なかせん』の、こめこめプラザでひと休み。

[道の駅なかせんの、こめこめプラザ]


以前から気になっていた看板を見ます。

ジャンボうさぎ。

街道沿いにも「全国ジャンボうさぎフェスティバル」の看板が目に留まります。

[道の駅にある中仙ジャンボうさぎの看板]

[ジャンボうさぎの剥製。10キロ以上になることもあるそう。ジャンボです!]


道の駅なかせん こめこめプラザの店内に入ると、冷蔵庫にうさぎ肉が!

へえ。食べるんだ!

無知ならではの感想です。

[比内地鶏に並んでうさぎ肉販売中!]



うさぎ肉といえば、あのレタス好きのうさぎのお父さんがミートパイになったという、シュールなくだりくらいしか印象がなくて、このトシまで食べたことがありません。

どんな味だろ?
 
そこは、車内食のありがたさ。

購入して、今夜じっくり楽しむことができます。

お店の冷蔵庫をよく見ると、うさぎの肉は、普通の肉のほかに、串、ハンバーグ、ぎょうざと並んでいます。

写真撮影のお願いのとき、道の駅の駅長さんにオススメを聞いてみました。


「鶏肉系でおいしいですよ。最初だったらやっぱりこっちかな」
 と普通の肉の塊を案内してくれました。

で、食べ方は?

「味噌と根菜が合うので、根菜の味噌鍋がオススメです」
 とのこと。

さっそく、購入です。



[この肉を買いました。200gで790円(税別)]

秋田のジャンボうさぎの肉を車内調理で舌鼓!


さて、夜になって料理開始です。

駅長さんのオススメに従って、根菜類はダイコン、ニンジン、ゴボウ。

更にネギ、お揚げ、シメジ、豆腐をそろえました。

鶏肉に近いという話だったので、肉は炒めずに直接水から投入です。

[料理の準備完了!]

[煮えるまでは、秋田の名品いぶりがっこをポリポリして待ちます]

[調理中の鍋の様子(鍋の下の緑の布は防火シートです)]


煮えてくると良い香りが車内に充満します。

ちなみに料理中はそこそこ散らかっています……。

肉も根菜類も良く煮えたところで、味噌と豆腐を投入して完成です。

[味噌投入!]

[うさぎ肉の味噌鍋]


いい感じに仕上がりました。


さっそく、いただきます。

まずは肉から。

鶏肉と豚肉の中間といった感じでしょうか?

気持ちの良い弾力があります。

味は、肉の味が濃くてびっくりです。

爽やかな感じの味わいです。

なるほど、この濃さならば、味噌にも根菜にも負けません。

味噌鍋がオススメという理由がわかりました。


この夜は、ゆっくりじっくり“うさぎ味噌鍋”を堪能。

冷え切った体も温まりました。






佐々倉実(ささくら みのる)
 鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”。初めて鉄道写真を撮った小学生のころから約50年。鉄道カメラマンなのに、列車に乗ると走るシーンを撮影しにくいので、撮影の8割はクルマで移動。そんなワケで1年のかなりの期間をクルマで生活しています。ちなみに、鉄道の他に“ひつじ”の写真もライフワークで撮影中、ときどきおいしいひつじの話も出てきます。



 主な著作に「富士鉄」(講談社)「新幹線ぴあ」(ぴあMOOK)「鉄道ムービー入門」(玄光社)「ひつじがすき」(山と溪谷社)など多数、映像集に「感動の美景鉄道」(MAXAM)「日本の新幹線・特急」(シンフォレスト)など、担当番組に「素晴らしき日本・鉄道の旅」(BS-TBS)など

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
佐々倉実@おとなの週末

鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、お付き合いください。

関連するキーワード
関連記事
現在、過去を含めて、いちばん好きな鉄道車両は?と聞かれたら、私は即答します。 「日本最大でけた外れの迫力のC62型蒸気機関車(以下C62)」。 これにつきます。 その巨大さと、天をつくような煙、昔レコードで聞いたジェット音にもたとえられる迫力の音に酔いしれました……。
函館本線は函館駅と旭川駅を結ぶ路線です。 この路線の、長万部(おしゃまんべ)駅から小樽駅の間は、通称「山線」と呼ばれていて、名前の通り峠を越えながら山中を走る山岳路線。 この山線の撮影中によく立ち寄るお店で“きのこ王国”があります。 店内は、その名の通りきのこだらけです……。
秋といえばフルーツ。 さすがにフルーツ大国の信州。JRのホームにも、実のなる駅があるんです。ものすごくおいしそうなのですが、ホームの果実を食べるわけにもいきません。  そこで昨年取材で訪れた、信州の鉄道とアルピコ交通撮影時に出会ったフルーツのお話です。
前回は北海道の大地を走り抜けたザ・ロイヤルエクスプレス(以下ロイヤルEXP)の走行と、公開のときに撮影した車内を見ていただきました。 今回は2018年に行われた試乗会の様子です。 実際に旅をして、豪華な食事を出していただきました。
今回は、いつもよりずっと贅沢! 豪華列車のお話です。 2020年夏、鉄道ファンの間で大きな話題になったのが、北海道を走るザ・ロイヤルエクスプレス(以下ロイヤルEXP)です。 通常は横浜駅から伊豆急行線の伊豆下田駅までを8両編成で走るレストラン列車ですが、この夏は北海道の大地を駆け抜けました……。
最新記事
ひと言で言えば、安心感があって美味しく寛げるお店。松澤農園の野菜やみやじ豚をはじめ、基本食材は国産で生産者が分かるもの。
夜はなかなか手が出ないけれど、ランチなら高級店の炊き込みご飯も楽しめる!贅を尽くし手を尽くした味わいを存分に満喫させてくれる2軒をご案内します。
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
get_app
ダウンロードする
キャンセル