MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
麺や渦雷|神奈川を代表する名店の2号店(ラーメン/藤沢)

麺や渦雷|神奈川を代表する名店の2号店(ラーメン/藤沢)

鵠沼の人気ラーメン店『麺やBar 渦』が手掛ける待望の2号店。麺や渦雷UZURAI(めんやうずらい)[交]JR辻堂駅北口から徒歩9分 ※ランチタイム有

麺や渦雷(最寄駅:辻堂駅)

いくつもの素材からバランスよく旨みを抽出する『渦』お得意の手法はそのままに、同店舗では、鶏胴ガラや丸鶏、ゲンコツ、煮干し、カツオ節といった定番素材のほか、牛骨やマグロ節などの個性的な材料もスープに使っている。さまざまなダシを重ねているが、どの味も喧嘩することなくひとつにまとまっているから不思議。後からふわりと駆け抜ける牛の甘みも印象深い。「唇に当たる瞬間を意識した」という自家製麺は、なめらかな麺肌が特徴的。噛んだ時に押し返すような絶妙な弾力、のど越しにも徹底的にこだわった自信作だ。4種の北海道産小麦のほか、全粒粉をブレンドしているので風味も豊か。生醤油が香るスープを纏うことで、その美味しさが一層際立つ。

醤油中華ソバ
750円

チャーシューは、サクラとリンゴのチップでスモークした豚肩ロースと低温調理の鶏胸肉の2種

雷SOBA
850円

自家製の食べるラー油が効いた辛メニュー。花椒やクミン、豆板醤、唐辛子などで味付けしたアジアンテイストの“スパイシーミンチ”がのる。麺はコシのある太ストレート麺

炸裂飯 並
400円

マッシュした味玉がスパイシーミンチの辛味をマイルドに

麺や渦雷

[住所]神奈川県藤沢市辻堂新町1-9-7 ☎0466-33-5385 [営業時間]11時半~14時半LO、18時~21時LO [休日]月(祝の場合は翌火) [席]カウンター7席、テーブル4人×1卓 全11席 [アクセス]JR辻堂駅北口から徒歩9分

電話番号 0466-33-5385
2015年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
三軒茶屋で週に一度だけ営業していた幻の人気店『月曜の担々麺』が、路面店になって復活。自慢の汁なし担々麺は、以前と同様“胡麻” と“醤油”の2種類を展開していて、早速、新旧のファンを喜ばせている。
ひと口すすれば焦がしネギの芳しさがたまらなく食欲を刺激する。鶏ガラをメインに豚も加えたスープは店主の宮川さんが目指す「あっさりしつつコクのある味」。
アッサリしていながらもクッキリとした味わいが味蕾を、鶏の香りが鼻腔を刺激する醤油味スープ。もっちりしつつツルツル感半端ない中太の麺。
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
お茶割り好きならすでにご存知であろう学芸大学の『茶割』。その新店として今年3月に登場したのが『茶割 目黒』。
埼玉県・川越市にて、旧家の邸宅を公開している庭園。始まりは明治2年(1869)創業の材木商「丹波屋」。
名古屋最大の繁華街といえば、栄。しかし、このエリア外にだって美味しい店はある。 それが今回紹介する『膳処 桂川』である。 北区黒川で12年間居酒屋を経営していた桂川真一さんが、昨年4月にオープンさせたお店だ。
愛知県の豊橋に降り立ったのは1978年のこと。 撮影の目的は飯田線です。このころの飯田線は魅力的で、国鉄各線で使われていた古い車両がまだ走り続けていました。 当時はいろいろな車両が走る飯田線で頭がいっぱいで、豊橋駅付近の、鉄道以外の魅力に気づきませんでした。 たとえば豊橋カレーうどん、そしてブラックサンダーです……。
納豆が書物に登場したのが平安中期のこと。一説には弥生時代にはすでに食べられていたとも言われている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt