SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

眺望界の絶対王者・十国峠

そこに立てば、伊豆、駿河、遠江、甲斐、信濃、相模、武蔵、上総、下総、安房の十の国が一望できることから江戸時代にその名が付いた、驚愕の360度絶景!

そのすさまじさについては、前回のパート1 「眺望界の絶対王者・十国峠を知っているか!?」を、まだ読んでない人はまず今読んでいただきたい!

そんな地でグランピングができる夢のような施設『THE GLAMPING箱根十国峠』を今回はさらに深くご紹介する!

驚愕! プライベートサウナ付きヴィラ

全15棟のヴィラで構成されているこの『THE GLAMPING箱根十国峠』。その中でも今回取材で宿泊した「サウナ付きスイートヴィラ」と「サウナ付き スカイデッキ ヴィラ」(各1棟のみ)は、なんとプライベートサウナが完備されているのだ!

それもプライベートサウナだからって、そのタイプにありがちなふたりでキツキツに入れるようなちっこいサウナじゃないよ。

向かい合ったふたつのベンチは、それぞれ大人が横になってもまだ余裕のある長さ! ようするにふたりで寝て入れる。街のサウナでは禁止されているところがほとんどですが、本来、サウナ室内での理想的なポーズは“横になったポーズ”。それがやり放題!

座った状態なら8人は入れる。入れるんですが、なにしろヴィラの定員が4名ですからね。もう贅沢極まりないサウナ室のスペース!

そしてもちろんセルフロウリュもできる。さらにはサウナ室内に大きくとられた窓からは、またまた見えます絶景の富士山!

このサウナ室が、宿泊者だけでチェックインからチェックアウトまで入り放題。右側のベンチと窓の位置関係見てよ。横になったまんま富士山見れまっせ。ちなみにサウナは水着着用でご利用ください
このサウナ室が、宿泊者だけでチェックインからチェックアウトまで入り放題。右側のベンチと窓の位置関係見てよ。横になったまんま富士山見れまっせ。ちなみにサウナは水着着用でご利用ください

セルフロウリュに「ウホウホ」感動しつつ、ダラ~ッと横になって富士山を眺める。こんなサウナ、ちょっと他にない。

しかし、このサウナ最大の魅力は他にある。水風呂だ!

サウナ室のすぐ外に前室がありまして、そこにはクールダウンできる樹脂イス×2とブランコのように天井から吊り下げられたイス、そして大きめ&深めバスタブがあるんですが、これが水風呂でございます。

その水風呂の水が、この十国峠の水! 『THE GLAMPING箱根十国峠』のキッチンの蛇口を捻ると出てくる水も同じ十国峠の水なんですが、いや~飲んでものどに染み入るように旨い水なのよ。そんな名水をジャンジャカ注ぎ込んだ水風呂が気持ちよくないワケがない!

その水ならではのちょうどイイ冷たさに肌がキュッと締まった後、体が水に溶け込んでいくような一体感……格別。

手前に水風呂。奥にクールダウン用のイスでございます
手前に水風呂。奥にクールダウン用のイスでございます

水風呂でキュ~ンと体を冷やした後は、すぐ横のイスで座ってもいいけど、やっぱりオススメはデッキスペースで十国峠に風に吹かれつつ、絶景を見ながらその一部となっていくような錯覚に陥る絶品の外気浴

その悦楽指数、想像するだけでヨダレ出てくるんじゃないすか?

書き忘れそうになりましたが、バスタブ付のバスルームは全ヴィラに完備しておりますので、サウナが苦手な人もどうぞご安心を!

次のページ
焼いた 喰った 泣いた! 嗚呼夕食...
icon-next-galary
1 2 3icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

カーツさとう
カーツさとう

カーツさとう

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…