MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
きよ川|蕎麦屋でも居酒屋でも使い勝手のいい地元密着店(そば/日本橋)

きよ川|蕎麦屋でも居酒屋でも使い勝手のいい地元密着店(そば/日本橋)

蕎麦と季節料理、どちらも主役。昼はサラリーマンが通う蕎麦屋として、夜は豊富なつまみで一杯、〆に蕎麦を手繰る居酒屋として。

perm_media 《画像ギャラリー》きよ川|蕎麦屋でも居酒屋でも使い勝手のいい地元密着店(そば/日本橋)の画像をチェック! navigate_next

きよ川(最寄駅:日本橋駅)

日本橋の中心から少し離れた場所にあるにもかかわらず、夜は連日ほぼ満席で明るいにぎわいに満ちている。言わずもがな、この店がいかに地元で親しまれているのか一目瞭然なのだ。メニューは定番の和食から自家製ハムまで和洋折衷。というのも、店主の息子である料理長はイタリアンと日本料理を修業した経歴の持ち主で、「毎日来る常連さんが飽きないように」 との配慮を欠かさないから。店主が打つ蕎麦はやや粗挽きの二八。夜はどれも半サイズで注文できるのも、お客目線でうれしくなる。

江戸前穴子の白焼
950円

江戸前の穴子は捌いて一度茹でることでふんわりした食感になるという。ダシが利いた土佐醤油にサッとくぐらせて提供。写真は江戸前だが産地は季節で変わる。

タコやわらか煮と夏野菜の煮あわせ
860円

活タコを使う柔らか煮は炭酸とささげを入れて煮ることで色もきれいに仕上がるそう。からしを添えて味のアクセントに

和牛タタキ サラダ仕立て
920 円

和牛タタキはしっとりとした舌触り

茄子の煮びたし蕎麦
900円(昼夜注文可)

ナスの煮びたしがのった冷たい蕎麦は夏の定番。蕎麦は店の3階にある打ち場で店主が毎日手打ち。ダシはシンプルに本節だけで取ったもの

きよ川

■『きよ川』
[住所]東京都中央区日本橋1-21-4
[TEL]03-3271-8435
[営業時間]11時~14時10分、17時~23時(22時LO)※ランチタイム有
[休日]土曜日・日曜日・祝日(予約は応相談)
[座席]カウンター9席、テーブル39席、計48席/全席喫煙可(昼は13時半まで禁煙)/予約可/カード可/サなし、お通し500円別
[アクセス]都営浅草線ほか日本橋駅D2出口から徒歩2分

電話番号 03-3271-8435
2017年9号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
自家製粉にこだわる、2代続く町の蕎麦屋さん。北は北海道から南は島根県まで、各地の蕎麦農家から収穫の出来や時期に合わせて仕入れ、そのときいちばん美味しい玄蕎麦を店で挽く。
立ち食い蕎麦、そしてセルフサービスのチェーン系蕎麦店。そんな気軽に味わえる蕎麦屋が今、どんな蕎麦屋よりもおもしろ美味しく大繁盛中なのだ!! 東京、神奈川にあるお店11軒をドドンとご紹介!
天然や地物にこだわり季節感を大切にしている。当日、何が出てくるかは暖簾をくぐってみなければ分からない。
立ち食い蕎麦のトッピングの王様といえば、これはもう天ぷらである。
 そんな天ぷらが白眉の店が、本郷三丁目の『そば処 はるな』。
端正な蕎麦だけが蕎麦屋の魅力ではない。蕎麦だけでなく丼ものやカレーなんてのもしみじみ旨い懐の深さ。そんな肩肘はらず、定食屋使いができる町の蕎麦屋を集めてみました。ここではカレーが美味しいお店をご紹介します。
最新記事
ゲンコツと背ガラ、豚足で炊く豚骨100%のスープは、近年稀に見るこってり度。どろりと濃厚、あえてざらつきを残してワイルドに仕立てているが、豚骨臭は皆無で驚くほどクセがない。
スープと同じくラーメンの味を左右する麺。自家製麺の店も増えているが、今回は業界を代表する 3つの製麺所に注目。『おとなの週末』ライター肥田木が取材しました。それぞれの麺作りの姿勢は……いやあ、こうも奥深いものとは。感動を呼ぶ(?)麺物語。今回は浅草開化楼!
わずか6席のカウンター空間は店主の三浦さんが繰り広げる舞台だ。磨き上げられた厨房が美味の時間を予感させる。
油揚げは、刻んでお味噌汁に入れたり、柔らかく煮たあとにすし飯を入れてお稲荷さんにしたり……。そんなイメージがありますが、ステーキのように焼く食べ方で熱い支持を得ている油揚げが北陸にあります。「谷口屋の、おあげ」のことです。
こちらは渋谷の人気店『鬼そば 藤谷』が手掛ける甲殻類ラーメンの専門店。看板は、2019年10月に行われたNYラーメンコンテストで優勝を果たした「ロブスター味噌らぁ麺」。
get_app
ダウンロードする
キャンセル