×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

チャーハンとラーメンのセット、略して“チャーラー”。愛知で親しまれるこのセットメニューを愛してやまない現地在住のライター・永谷正樹が、地元はもちろん、全国各地で出合ったチャーラーをご紹介する「ニッポン“チャーラー”の旅」。第26回となる今回は、島根県出雲市で見つけた昭和レトロなオートレストランで「自販機チャーラー」を実現させました。

icon-gallery

筆者には、チャーラーと同じくらい思い出深い食べ物がある。それは昭和の時代、国道沿いにあった24時間営業のオートレストランの自販機ラーメン。悪友と夜通し車で遊びに行った帰り、小腹が空いたときによく立ち寄っていたのだ。

お金を入れると、自販機内部の電子レンジのスイッチが入って、30秒ほどで自販機下部の取り出し口からニョキッと出てくるアレだ。とはいっても、Z世代にはわからないだろう。40代以上にしか通じないかもしれない。

ラーメンにはチャーシュー増量の「当たり」も

先日、島根県出雲市へ行ったときにネットでチャーラーの店を探していたら、偶然見つけてしまったのだ。その名も24時間営業のオートレストラン『GAME & REST コウラン』

店は出雲空港と出雲大社のほぼ中間にある出雲市斐川町上直江の国道9号線沿い。仕事の現場からはかなり距離があるが、遠回りしてでも行かねばならないと思った。

『GAME & REST コウラン』外観。ドライブインゆえに広々とした駐車場が完備
『GAME & REST コウラン』外観。ドライブインゆえに広々とした駐車場が完備

店を訪れたのは、出張の翌日。この日は仕事をオフにして出雲大社へ行く途中に立ち寄った。店内に入ると、ラーメンのみならず、天ぷらそばやカップ麺、丼もの、焼そばなどの自販機がズラリ。しかも、その中に五目チャーハンを見つけてしまったのだ。

自販機がズラリと並ぶ店内。奥には懐かしいゲーム機もある
自販機がズラリと並ぶ店内。奥には懐かしいゲーム機もある

と、いうことは、「チャーラーの旅」が成立するではないか。ってことで、今回は特別編としてみなさまにお届けする。いつもよりたくさん撮ってきた写真とともに楽しんでいただきたい。

パネルからラーメンへのこだわりが伝わってくる
パネルからラーメンへのこだわりが伝わってくる

店の壁にはラーメンの調理プロセスがパネル写真で紹介されていた。麺は生麺を茹でて丼に小分けしていて、チャーシューも手作り。しかも、多めに入っている「当たり」まで存在するようだ。これは楽しみ♪

五目チャーハンの自販機。サンドイッチやオムライスなども並ぶ
五目チャーハンの自販機。サンドイッチやオムライスなども並ぶ

一方、五目チャーハンや丼もの、焼そばの自販機はラーメンと違って温める機能はない。メニューは調理済みで、自販機から取り出したら店内にある電子レンジで温めるシステム。すべてのメニューは店に隣接するキッチンで調理されているようだ。

次のページ
小腹を満たすにはぴったりのボリューム...
icon-next-galary
1 2 3icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

永谷正樹
永谷正樹

永谷正樹

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…