SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

本誌2023年11月号では、久しぶりに寿司を特集。コロナ禍を経て、店のあり方に提供の仕方に色々と変化がありました。ライター菜々山、肥田木、藤沢、松田に編集・戎を加えた5名で、あーだこーだと令和の寿司について大放談!?今後のおいしい寿司活に役立てて下さい。

多様性と気軽さ、酒の充実が令和の寿司店!?

菜「そういえば、寿司の特集って実は数年ぶりじゃない?」

肥「前はコロナ禍だったから、ランチのお寿司だったもんね。お酒、一切ナシの!」

菜「ありがたいことに、今はじゃぶじゃぶ飲める(笑)。やっぱ寿司には日本酒がないとね」

藤「そうでもないんですよう。ワインって手も断然アリなんです!」

菜「え〜?私的にはビミョウ……。それって“寿司屋のカウンターでワイン飲んでるオレが好き”って手合いがよくやるヤツじゃないの」

藤「私もそう思っていたんですけど『サンフランスシコ』で考えを改めました(詳しくはこちら)。寿司とワインでひとつの料理みたいに作っているので、お互いが運命の人みたいにガッチリマッチ。ペアリングの可能性に目から鱗です」

『寿司とワイン サンフランスシコ』料理奥から、ホタテの花飾り399円、まぐろ三重奏499円、ぼたん海老と大人のかっぱえびせん699円、ワイン奥から、クヴェヴリ・ル カツィテリ999円、ルージュ・クサカベンヌ899円、ラシッチアブルティーニロザート799円 マグロにはほのかにバターのようなコクがある赤ワイン、エビにはロゼワインの旨みが合う!

松「あら、そんな合うなら試してみたくなるわね」

肥「松田姐さんは、今回なにを担当されたんですか?」

松「駅ナカのチェーンよ。これが侮れない。大手ならではの仕入れの強みがあるからコスパがいいし、駅直結だから使い勝手抜群、どしゃ降りの雨でもへっちゃら。チェーンっていうと、ちょっと味気ない感じもするけど、大手町の『金沢まいもん寿司』なんて、九谷焼の器に富山湾の白エビとか11貫がズラリと並んで、優雅な時間が過ごせたなあ(詳しくはこちら)

菜「ちょこっとつまんでサクッと帰るってこともできるしね」

肥「それそれ!最近オープンした新店を巡って思ったのが、ずばり気軽さ&多様性だよ」

戎「それこそ『すし其一』なんかは、2軒目で寿司を2〜3貫つまんで1杯飲んで、ってのもありですし(詳しくはこちら)

肥「ここは間違いない!敷居の高さは一切なし。明るく健全な明朗会計、清々しい接客もいい。おまかせのラインナップも誌面で見た?安いのなんの。こういう店が家や職場の近くにあったらいいなあとホント心から思う」

戎「あとこれから増えそうなジャンルが“寿司居酒屋”かなと。実は大阪では数年前からブームになっていて、『すしやコトブキ』はそんな大阪・天満から関東初進出の店なんです」

『すしやコトブキ 蒲田店』にぎり 1貫80円~ 生サーモンや本マグロなどが人気。シャリは赤酢でやさしい酸味。わさびが必要な場合は別に添えてくれる

肥「さすが味にも値段にもうるさい大阪人が認めるだけあった」

藤「あと寿司居酒屋はつまみのレベルが高いんです。『しゅん』のアジフライは、鮮度の良い肉厚のアジを使っていて、ごく短時間で揚げて外サク中フワ。寿司屋だからこそできるアジフライだなあと感動しました。このためだけにまた行きたいくらい」

寿司居酒屋について、詳しくはこちら

次のページ
味も大切。でも、もっと大切にしたいのが……...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。7月16日発売の8月号では、夏の食の風物詩「う…