SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

50周年を迎えたレストラン『デニーズ』は、記念企画「都内人気レストランシェフの監修メニューシリーズ」を始めています。第1弾から第3弾に分けて、『ミシュランガイド東京』で一つ星を獲得するなど名実ともに人気を誇るレストランのシェフ3人による特別メニューが、お値打ち価格で味わえます。11月7日からは第2弾がスタート。東京・銀座のイタリア料理店『アロマフレスカ』の原田慎次オーナーシェフが監修した播磨灘(はりまなだ)産牡蠣と冬野菜の蕪が主役のパスタが提供されます。原田シェフの牡蠣を使った料理は『デニーズ』だけで味わえる貴重な機会です。

ミシュランシェフ考案の特別メニューとは!?

『アロマフレスカ』は、2007年11月の『ミシュランガイド東京』創刊時から16年連続星を獲得するなど、日本のイタリア料理界を代表するお店のひとつ。銀座1丁目交差点からほど近いビルの12階にあり、コース料理(ランチ1万5125円〜、ディナー2万7225円〜)が堪能できます。

『デニーズ』で味わえる原田シェフのメニューは、前菜の「ローストポークのカルパッチョ仕立て」と「ライ麦パン」が付いた「播磨灘産牡蠣とトロトロ冬野菜のスパゲッティ シェフおすすめセット」(2519円)と、「播磨灘産牡蠣とトロトロ冬野菜のスパゲッティ」 (単品1859円)です(~12月21日まで)。

原田シェフ監修のスペシャルメニュー「播磨灘産牡蠣とトロトロ冬野菜のスパゲッティ シェフおすすめセット」(2519円) ミシュランシェフの味わいをデニーズで楽しめます!

食べた瞬間に「うまっ!」と感じるインパクトを求めて

メニューの提供に先立ち、2023年10月26日、『デニーズ』を展開するセブン&アイ・フードシステムズ本社(東京・二番町)で行われた発表会と試食会に参加してきました。シェフ監修メニューの目的は、「お客様に新しい食体験の価値を提供する」こと(発表会資料より)。

今回、季節感がありパスタに合う食材として『デニーズ』側から提案したのは、11月頃から3月頃までがおいしいといわれる牡蠣だったそうです。牡蠣は、通常出荷に2〜3年かかるといわれますが、播磨灘(瀬戸内海東部の海域)産の牡蠣は、山から流れ込む栄養分などの自然環境のおかげで、1年で立派な大きさに育つそうです。この牡蠣を選ぶ決め手になったのは、蒸したときに最適な味に仕上がる食感だといいます。

『アロマフレスカ』では、牡蠣を使った料理の提供はないということなので、お店のファンの方にとっても、牡蠣好きの方にとってもおすすめの超プレミアムなパスタとなっています。

パスタソースのベースには、牡蠣の「アヒージョ」(ニンニク入りのオリーブオイルで魚介などを煮込んだスペインの小皿料理)をイメージしたオイルに、帆立、アンチョビの旨みを重ね、魚介の旨みがたっぷり。

牡蠣のパスタというと、ペペロンチーノ系のオイルベースで作ることが多く見られ、このままでも十分おいしいオイルに、さらにピューレ状の蕪と合わせることでポタージュスープやクリームソースのようにコクと丸みを与えパスタに絡みます。

オイルベースに深みを与えるために何の素材を合わせるかなど、ソースだけでも開発担当者と共に何度も試行錯誤を重ねて完成したそうです。野菜の使い方ひとつをとっても、原田シェフならではのトータル的なおいしさを追求した新鮮な組み合わせのように感じました。

原田シェフがメニューの開発でこだわったのは、食べた瞬間に「うまっ!」と感動するようなひと口目のインパクトと、食べ疲れせず最後まで感じられるおいしさ。まさに「播磨灘産牡蠣とトロトロ冬野菜のスパゲッティ」は、ひと口頬張ると蕪の甘みがプリッとした牡蠣とクリーミーで絶妙なハーモニーを醸し出し、ありそうでなかった衝撃のおいしさです。

蕪は具材としても使われ、ブロッコリーと共にクタクタに茹でることでソースに溶け込み、一体感を持たせています。こんもりと盛られた白髪ネギの上には柚子の皮が散らされ、爽やかな食感と香りが、口の中をリセット。牡蠣は蒸したものを使用することによって食の安全性にも配慮し、ふっくらとした旨みと柔らかさを際立たせているそうです。存在感のある大きさなので頬張ると幸せな余韻が続きます。

播磨灘産牡蠣とトロトロ冬野菜のスパゲッティ 魚介の旨みが詰まったオイルと蕪のピューレが一体化したソースが絶品すぎました

パスタは200gと、ボリュームたっぷり。同席した男性方も食べたな~という満足感を得られるようなしっかりとした量があります。店名の『アロマフレスカ』には、“フレッシュな香り”という意味があります。目の前にパスタが置かれた時の野菜の優しい香りと、魚介や柚子の風味が心地よく食を進めてくれます。

素材の持ち味を最大限に引き出し、洗練された料理に定評のある原田シェフの技術とおいしさへの思いが、『デニーズ』とタッグを組んだこの一皿に詰まっています。

冷めても、パスタに旨味が染み込んでいるため、最後の一口までおいしく、どこかほっとするようなマイルド口当たりなので、子どもやご年配の方にもおすすめです。

高級レストランでコース料理を楽しむのは、ちょっと敷居が高いですが、『デニーズ』なら1人でふらっと子ども連れでも気軽に、普段着で予約をしなくても食べることができます。高級店のクオリティを、2000円台で食べられるのは嬉しいですね。遠方から都内にある実際のお店に行くには大変ですが、『デニーズ』なら300店舗以上が各地にあるため、行きやすいというのも魅力です。

次のページ
「デュカスパイス」が効いたお肉のカルパッチョ...
icon-next-galary
1 2 3icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

大島あずさ
大島あずさ

大島あずさ

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…