MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
新橋にシチリア島の南に浮かぶ島国、マルタ料理の店|レストランマルタ(洋食・西洋料理/新橋)

新橋にシチリア島の南に浮かぶ島国、マルタ料理の店|レストランマルタ(洋食・西洋料理/新橋)

新橋にシチリア島の南に浮かぶ島国、マルタ料理の店「レストランマルタ」。オーナーの髙宮さんが現地で学んだ家庭の味をランチでも楽しめる。

perm_media 《画像ギャラリー》新橋にシチリア島の南に浮かぶ島国、マルタ料理の店|レストランマルタ(洋食・西洋料理/新橋)の画像をチェック! navigate_next

レストランマルタ(最寄駅:新橋駅)

自家製生地からソースがとろりマルタのゴゾチーズが隠し味

イタリアンをベースにスパイスを利かせたアラブテイストの料理が特徴なので、ピッツァも定番だ。写真はほうれん草を練り込んだ自家製生地の中にトマトソースとチーズをしのばせており、カットすると両者がとろ~ん。マルタのゴゾ島で作られたヤギのチーズも隠し味に使っていて何とも奥深い。

生ハムとトマトの包み焼きピッツァ(サラダ、コーヒー付き)
900円

もっちり生地にチーズとトマトソースのバランスが◎

本日のチーズペンネグラタン(サラダ、コーヒー付き)
1000円

具は日替わりで、この日は牡蠣。炒めた玉ネギとアンチョビペースト、生クリームなどで仕上げた濃厚な味

お店からの一言

オーナー 髙宮崇さん

「現地の有名な料理研究家のもとで勉強しました」

レストランマルタ

[住所]東京都港区新橋2-9-17 2階  [TEL]080-4378-9211 [営業時間]12時~15時、17時半~23時(土の昼はコース予約のみ営業)※ランチタイム有 [休日]日曜日・祝日 [座席]カウンター5席、テーブル16席、計21席/昼は禁煙、夜は分煙/予約可(昼は2500円~のコース注文時)/夜はカード可/サなし、夜はお通し300円別 [アクセス]JR山手線ほか新橋駅日比谷口から徒歩2分

電話番号 080-4378-9211
2017年10月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
まるで物語の世界から抜け出たようなかわいらしいチェコ料理店。店主の宇根美晴さんはチェコのアニメ映画や雑貨に魅せられて、チェコ料理店で働き、妹の郁恵さんとこの店を開いた。
豊富な資源を持つ山形県河北町と、三軒茶屋界隈で6店舗経営する和音人が強力タッグを結成! 和と洋を融合した“出汁フレンチ&ビストロ割烹”をオープンした。
男女の熱気がむんむん満ちる夜のコリドー街。赤レンガの外壁にランプが灯るこの店を訪れると、そこに結界があるかのように、旧き佳き銀座の空気が流れている。
ハンガリーの食卓に欠かせないパプリカ。「日本でいうと味噌のような存在。でもパプリカには味がない。大事なのは色と香りです」と齊藤一正シェフは言う。
新大橋通りに面した角に立つ小さなお店。中に入ると、多種多様なベルギービールが棚にずらりと並び、常時50~60種もの味を楽しめる。
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル