SNSで最新情報をチェック

日常にはさまざまな漢字が溢れています。それは生活にうるおいや豊かさをもたらす「食」の分野でも顕著。食べ物にまつわる漢字を知れば、それはそのまま普段の生活がより彩り豊かで楽しいものになるはず。

本コーナーでは「あれ、これどう読むんだっけ?」と思ってしまうような、忘れがちな難読漢字をお届けします。漢字を覚えて食生活を豊かにしよう!! 正解が分かった方は、ぜひこの食べ物との思い出を一緒に呟いてください!!!!

文、画像/おと週Web編集部

【写真ギャラリーで読み方を当てよう】何問わかる? 過去に出題された難読漢字クイズに挑戦!!

難易度:★★★☆☆

■難読漢字、食べ物編の正解はこちら

正解:ひりょうず

ひりょうずとは、潰した豆腐に、ニンジンやレンコン、ゴボウなどの野菜を混ぜて、油で揚げた料理です。つまり、がんもどきのことです。関東では馴染みのない言葉ですが、関西では、がんもどきよりもひりょうずのほうが一般的という地域も多いのです。

ほかに「ひりゅうず」「ひろうす」などと呼ぶ地域もあります。

がんもどきは雁のすり身に見立てて作られた料理、まさに「雁もどき」ということでその名がつけられました。

いっぽうのひりょうずの語源は、「Filhos(フィリョース)」という戦国時代にポルトガルから伝わった食べ物。このフィリョースは小麦から作った揚げパンのようなものでしたが、その形ががんもどきのようだったため、ひりょうずと呼ばれるようになったという説が有力といわれています。

【写真ギャラリーで読み方を当てよう】何問わかる? 過去に出題された難読漢字クイズに挑戦!!

【がんもどき:関連記事】手作りがんもで熱々おでん 腸内細菌を元気にする食

関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…