SNSで最新情報をチェック

牡蠣にブリにハマグリ。様々な食材で楽しむ鍋が人気となっている。ダシにくぐらせ、ハフハフ頬張るしゃぶしゃぶだ。カジュアルに食べられ、しかし奥深いこのしゃぶしゃぶ。今回は、具材を「魚介」にしぼって大調査。様々な食材、味わいを集めてみました!

『能登美』 @水道橋

リピート必至 地元愛あふれる天然ぶりしゃぶ

石川県七尾市出身の米田店長の思いはただひとつ。「地元食材の本物のおいしさを伝えたい!」。その情熱が宿る「天然ぶりしゃぶ」はこの店の冬の大看板だ。

7kg以上など基準をクリアした「天然能登寒ぶり」を漁港から毎日直送。鍋に適した厚さ約2mmに切り付け、皿に盛った姿は有無を言わせぬ整列美。天然独特の色艶にため息が漏れる。

天然ぶりしゃぶ 1人前 1980円

『能登美』天然ぶりしゃぶ 1人前 1980円 身の切り方やダシの味などおいしさを追求。基本は白菜をたっぷり乗せて味わうのがおすすめ

まずはそのまま刺身で上品な脂を味わい、次に昆布とカツオのダシにくぐらせ身の香りと甘みをハクサイと共にポン酢で堪能、さらに自家製の薬味「梅ニンニク」をちょいと付けて……と味変すれば豪快な量もペロリと胃袋に消える。こりゃ罪な旨さだわ。他にも東京では滅多に出合えない能登の味に感動しきり。行かなきゃ人生損するかもよ?

『能登美』

[住所]東京都文京区本郷1-14-5
[電話]03-5805-1808
[営業時間]15時~23時半
[休日]現在は月・火
[交通]都営三田線水道橋駅A6出口からすぐ、JR水道橋駅東口から徒歩5分

『城ケ崎 おかもと』 @恵比寿

美しき姿の高級魚をしゃぶしゃぶで

伊豆半島を中心とした静岡の食材&料理が人気の和食屋からは金目鯛のしゃぶしゃぶを。何といっても日本一と名高い水揚量を誇る下田直送の上物だ。

貴婦人のような身にサッと火入れすればホロリと崩れるしなやかさ、野菜と一緒に味わえば染み入るような滋味深さ……あったまるぅ。

金目鯛しゃぶしゃぶ 1人前 2200円

『城ケ崎 おかもと』金目鯛しゃぶしゃぶ 1人前 2200円 冬の定番人気。1~2kg程度の金目鯛を仕入れる。ダシを取ったアラも出してくれるので2度おいしい

鍋のスープも特徴で、丸鶏をベースに注文を受けてから金目鯛のアラを煮出したダシを加えることで深みを出している

実はダシを取った後の頭もつまみで供してくれるのだが、これがまあ何と!カマや頬肉など身がたっぷり潜んでいて、地酒片手にほじほじ発掘するのも楽しい。こういうの、うれしいよね。

品書きには静岡と言えばの名物おでんや希少な伊豆牛など魅力的な面々も。ニンマリです。

『城ケ崎 おかもと』

[住所]東京都渋谷区恵比寿2-9-1 EBIS FLAT 1B
[電話]03-5422-7684
[営業時間]17時~23時
[休日]日(月が祝の場合は変更あり)
[交通]JR山手線ほか恵比寿駅東口から徒歩7分

『三忠』 @千駄木

タコしゃぶでひたる、おいしいという幸せ

店主が謙虚な店は間違いなく旨い。この店もそうだった。創業36年を迎えるタコ料理専門店。タコの調理法を研究するうちにメニューが増え、今では30種類以上もある。メニューの多さは鮮度のためでもある。仕入れたタコをその日中に使い切ることで、常に新鮮なものを提供できるそう。

たこしゃぶ 1人前 2400円

『三忠』たこしゃぶ 1人前 2400円 タコしゃぶに使うのは北海道釧路産の水だこ。切り身に少しドレープが付く程度に火が通ったら食べ頃

「素材の味があってこそだから」と店主は謙遜するが、タコしゃぶの切り身は透き通るほどの薄さ。この包丁技が作る食感がいいのだ。

昆布ダシにサッとくぐらせポン酢をちょいとつける。口に運ぶと、なめらかな身を噛むほどにジュワッと甘みが溢れ出し、あ~幸せ! 幸が多いと書いて多幸と読む。ただの語呂合わせと思いきやタコしゃぶを食べて納得した。1年の始まりにタコで幸せ、感じるべし。

『三忠』

[住所]東京都文京区千駄木3-1-17
[電話]03-3824-2300
[営業時間]17時半~22時半(22時LO)、日祝17時~22時(21時半LO)
[休日]水
[交通]地下鉄千代田線千駄木駅1番出口から徒歩5分

次のページ
『主水』 @丸の内...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…