SNSで最新情報をチェック

神田の老舗『近江屋洋菓子店』さんから、「能登半島地震を受けてチャリティバッグの販売をします」というお知らせをいただきました。その詳細をお伝えいたします。

2024年1月1日に発生した能登半島地震を受けて、『近江屋洋菓子店』さんがチャリティバッグを作成しました

『近江屋洋菓子店』
『近江屋洋菓子店』

『近江屋洋菓子店』といえば、大きな瓶の中に10種類以上の果物がぎっしり入った「フルーツポンチ」をはじめ、「苺サンドショート」といったレトロかわいいスイーツが大人気

「フルーツポンチ」(3402円)
「フルーツポンチ」(3402円)

実は石川県は「繊維王国いしかわ」と呼ばれるほどの合成繊維の一大産地。今回の地震の影響により、県内の工場へのオーダーがストップしてしまい、生地が余ってしまっているそうです。

そこで、北陸の企業を支援し、経済を止めないため、原料から加工、デザイン、印刷、郵送までのすべての過程を石川県・福井県の企業が担うことで、チャリティバッグを販売する企画が実現しました。

チャリティバッグの参画企業は下記の通りです。
・デザイン:「M★ONE」(石川県金沢市)
・生地製作:「株式会社ワコー繊物」(石川県金沢市)
・繊維:「上坂繊物」(石川県七尾市)
・染色:「北陸化工(株)」(福井県鯖江市)
・縫製:「(有)小松縫製」(石川県小松市)
・印刷:「(株)スクリーンプロセスクニエダ」(石川県金沢市)
・配送:「株式会社田井屋」(石川県金沢市)

「チャリティバッグ」(1650円/送料別)
「チャリティバッグ」(1650円/送料別)

チャリティバッグには『近江屋洋菓子店』のイメージカラーである青をベースに、世界農業遺産である能登の里山里海をイメージした緑を使用。人と能登をつなぐ「One heart(心をひとつに)」というメッセージが込められています。ほっこりしたイラストがステキ!

チャリティバッグは2024年2月1日(木)からオンラインショップにて販売開始しています。価格は1650円(送料別)。すべての収益が能登半島地震の義援金として寄付されるほか、制作にかかる諸経費は各企業に適正に支払われるそうです。

素材はナイロン100%。サイズはタテ330㎜×ヨコ270㎜×マチ120㎜、持ち手500㎜
素材はナイロン100%。サイズはタテ330㎜×ヨコ270㎜×マチ120㎜、持ち手500㎜

A4サイズのものがすっぽり入る大きさで、使い勝手がよさそうです。お菓子などは入っていません。バッグのみの販売となります。

チャリティバッグの発送は、2024年5月の予定です。すべての過程を石川県と福井県内で行っているため、発送が遅れる可能性もあるそうです。

穏やかな気持ちで、のんびり待つことにいたしましょう。

次のページ
『近江屋洋菓子店』さんからお願い...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

松田有美
松田有美

松田有美

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…